正樹ブログ -体脂肪の出る体重計を買った。体重ではなく、財布が軽くなった。-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2006.08.18(金)

体脂肪の出る体重計を買った。体重ではなく、財布が軽くなった。

 


現実逃避するように、本を読んでいる。


で、今回は「ノルウェーの森(上)、(下)」村上春樹


ゼミ生が読んでいたのが気になって、古本屋で文庫版が100円で売られていたので、僕も読んでみた。はじめの感想は描写がとにかくエロい。おそらく、映画化すると18R指定になるだろう。でも、大学生のうちに読んでおく一冊だと思った。


主人公ワタナベくんが、大学時代を回想するところから話が始まる。時は1970年代。携帯電話もパソコンもない。出てくるのは公衆電話。このワタナベくん、かなり濃い学生生活をおくっている。恋愛小説なのだが、ラストがとても切なかった。


小説に出てくる外交官試験に受かった永沢さんの言葉が、胸に突き刺さった。


「自分に同情するな」「自分に同情するのは、下劣なやつがすることだ」


│posted at 20:52:41│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。