正樹ブログ -秋田県職員178人がブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.12.15(月)

秋田県職員178人がブログ

今年も残すところあと少し、皆さんいかがお過ごしでしょうか。久しぶりに気になるニュースについて更新します。「秋田県職員178人がブログ」

自治体の広報のためにブログ使う時代になったのかと思いつつ、広く知らせるという意味でブログを活用することは良いと思いますが、勤務時間内に更新するのはいかがなものかと思います。当ブログの更新時間を見ると勤務時間内の更新が散見できます。

ブログの更新を、「広報の仕事」であるといってしまえば、それまでですが、ブログはあくまで個人の趣味の範囲で勤務時間外でやって欲しいものです。現に個人でブログを運営している人が大半で、個人が地元の情報を発信しているといっても過言ではありません。

ブログのシステムで、更新時間を自由に変更できるので、あまり制約がありませんが、とにかく勤務時間にブログの更新をしない方向にいってほしいです。(経験から言えますがブログの更新って以外に時間がかかるんですよ。文章の構成、改行の仕方、ネタetc)

あとゼロ予算事業といいますが、厳密な意味でゼロ予算なんてありません。人件費を忘れてはいけません。機会費用で考えたとき、ブログの更新にあてていた時間を、別の仕事、たとえば市民への応対に時間を使うことができます。


辛口になりました。気分を害された方申し訳ありません。


PS
今回は、裏で広告会社が働いているような気がしてなりません。ちなみに奈良のせんと君は裏で電○が動いていたそうです。批判されるのを前提として、マスコミが取り上げて一気に知名度を上げることはしばしば使われる手です。公務員が狙ってやったとしたら、凄いですが、ハコモノ行政を見ていると、そんな力はありそうに思えません。


--------------------------------------------------------------
ニュースソース、秋田経済新聞より引用 12月15日付

秋田県職員が10月下旬から共同で運営しているブログ「秋田で元気に!」が話題になっている。

 同ブログは、「財政負担をかけない県民サービスの向上」を目的に10月に企画した「手作りチャレンジ事業」(通称=ゼロ予算事業)105件のひとつ。「全庁的な県職員のブログの設置は全国でも初めて」(秋田県知事公室・情報公開センターの吉尾聖子さん)。

 ブログは、「全県に配置されている県職員が広報パーソンとして地域の魅力をアピールすることができることや、堅くて親しみにくいと言われがちの職員の普段の様子を伝えることで、職員や業務に親しみを持ってもらうこともできる」(同)と、情報公開センターが発案した。

 ブログを運営するのは、県庁各課や地方機関の1~5人ずつ計178人。「10月28日に運営を始め、その後1週間で平日平均1,000件ほどのアクセスになった」(同)という。

 県のマスコット「スギッチ」が主任に昇格した様子や、秋田杉を使った木製自動車を紹介するなど県関連の話題を伝えるほか、「県の公式ホームページでは紹介しにくい商業施設や県産商品の紹介なども職員の体験として掲載する」(同)という。

 吉尾さんは「さまざまな生活スタイルや趣味を持つ県職員の投稿で、普段着の秋田の様子が伝えられていると思う」とし、「角館や田沢湖の美しい景観を紹介した記事をきっかけに、お問い合わせいただくこともある。これからも秋田の日常の魅力を伝えることで秋田を元気にしていきたい」と意気込む。

 現在、県職員以外にも、県民レポーター「スギッチメイト」による記事掲載も検討している。


│posted at 20:13:36│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。