正樹ブログ -美女と野球-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.11.13(木)

美女と野球

美女と野球 (河出文庫)美女と野球 (河出文庫)
(2005/10/05)
リリー・フランキー

商品詳細を見る


現実逃避がしたくてリリー・フランキーの本を数冊読みました。おかげで現実逃避ができました。

この本は90年前半から綴られたエッセイです。ベストセラーになった東京タワーに先駆けて書かれた本なので、リリーママンキー(母)がところどころに登場したり、当時の時事が出てきたりとどこか懐かしさを感じることができる一冊です。

リリー氏は、カタカナの使い方や句読点の使い方が絶妙で真似がしにくい文体です。かといって他の人の真似もできないけど。内容の半分以上が猥談で、変な人がたくさん登場して勧めるのを少々ためらいますが、電車で隣の女性が読んでいたら、すこしだけ嬉しくなります。


│posted at 19:15:20│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。