正樹ブログ -畠山重篤「鉄が地球温暖化を防ぐ」 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.10.19(日)

畠山重篤「鉄が地球温暖化を防ぐ」 

鉄が地球温暖化を防ぐ鉄が地球温暖化を防ぐ
(2008/06/27)
畠山 重篤

商品詳細を見る


先日、久米宏のラジオ番組で紹介されていた本です。まだ読んでいませんが内容を紹介します。

内容は、本のタイトル通り、鉄が地球温暖化を防ぐというものです。

ずばり「鉄仮説」。

「海に鉄を撒く→溶ける→植物プランクトンの栄養になる(この栄養が今までは足りなかった)→海中のCO2を吸収して(光合成)植物プランクトン大発生→空気中のCO2が海中に溶け込み、その結果空気中のCO2が減る」というものです。

仮説で終わるだけでなく、筆者が実際にやっているところが面白い点ですが、グリーンピースなどの反対派は、海洋投棄がロンドン条約に違反する。生態系に影響を与えるのでやめるべきだと主張しています。

地球温暖化の議論は専門家でも意見がわかれていて、起きているだの、起きていないだの素人ではさっぱりわからないのが本音ではないでしょうか。地球温暖化がクローズアップされればされるほど、ゴミ処理場の問題、省エネルギー、資源、大気汚染の問題など他の環境問題がかすんでしまいます。排出枠の取引といった、身近でないところで議論されると、もっとわからなくなります。

さて、この鉄仮説が本当で、実際に海で実施すると地球温暖化の問題は一気に解決します。

でも、

これによって新たに問題が生じてきます。すべてとはいえませんが、物事には、NGO、企業、政府、反政府勢力といった利害関係が複雑に絡んでいるからです。利害関係者にとって、そこそこ地球温暖化で騒いでくれた方が、多額のお金が動いて仕事ができ得をするのです。




│posted at 18:49:36│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。