正樹ブログ -410円になったものは?-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.08.02(土)

410円になったものは?

今月から410円になったものは?
答えは、


京都府内の銭湯
です。(スーパー銭湯除く)

前回までの値段が390円。

今回の値上げは、燃料費の高騰だそうで、今までの値段ではやっていけないそうです。

たった20円。でも、400円の心理的な壁は大きいです。週に1回行くかどうかですが、400円になると行くのを躊躇します。500円になったら、もっと行く回数を減らすか、行かないようになると思います。組合に入っている銭湯は、湯船とサウナとシャワー、水風呂があるシンプルな設備が大半で、家にお風呂があれば、十分生活に支障がありません。

組合に入っている銭湯は、物価統制令で料金が都道府県によって決められています。これは、戦前戦後、各家庭にお風呂がなかったため、公衆衛生の観点から、価格を自由にいじれないように政府が決めていました。(一方でスーパー銭湯と呼ばれる大型の銭湯は自由に価格設定できるようになっています。目的が公衆衛生の観点というよりはレジャーなため、付加設備もあって料金が高めに設定されています。)

物価統制令で価格の上限を決めることがいいことなのか、悪いことなのか難しい問題です。(現在、物価統制令が残っているのは銭湯だけです。)自分がどの立場にいるかで見方が変わってきます。たとえば組合の銭湯でも、儲かっている銭湯は、価格の上限を決めずに自由に価格を決めたいと思います。一方、毎日銭湯に通う人にとっては、値段が高くなると、生活が不便になります。

つまり、銭湯の価格弾力性を考えなければなりません。価格弾力性とは何円までなら銭湯に行くインセンティブが出て、何円なら銭湯を行くことをやめるかということです。


普通の銭湯は人情味があって個人的に残って欲しいのですが生き残りが難しいようです…。



│posted at 01:30:37│ コメント 6件トラックバック 0件
≫コメント 
久しぶりにいい仕事をしてるじゃない?
さては何か "いいこと " があったにちがいない *wink*

まぁ、所々妙なことを言ってるなと思うところもある
けれど、いいんじゃないですかね。
でも、ここまで事由を挙げてしまったら・・・
もうあとは普通のミクロ経済学の知識で解けるけど。


そういえばどこかで漁業と石油の話を書いていた人が
いたけれど、銭湯も似たような問題かもしれませんね。
金銭的な手当の話ばかりでは、持続可能な成長という
観点での議論が行えないという感じで。

人情味という計量不能なものを出してしまっているか
ら難しいかもしれませんが、銭湯のことを描くには淘
汰や集約を見据えた構造的な議論から逃げることはで
きないのではないかと、予想しております。

もちろん、地域力や人情味という従来の経済学では計
測ができなかったものを定義し、それの価値を認める
ことで金銭的なものを上回るというデザインを好む方
もいらっしゃいますが・・・

ま、思うがままにやりなされ!
Charlie Brown│URL│posted at 2008-08-02(Sat)15:51│編集
コメントありがとうございます。

漁業でも、銭湯業界でも、別の業種に転換できればいいのですが、燃料価格があがってから金銭的な手当を求めるのは、いかにもお上意識が強い気がします。

言うは易し、行うは難しなのはわかりますが、危機になる前に手をうっておけよというのが正直な感想です。たとえば瀬戸内海で漁をしている自分の親戚は、燃料高と不漁で、漁だけでは食べていけないので、わかめの養殖を漁と並行して始めました。

MASAKI│URL│posted at 2008-08-05(Tue)02:20│編集
リスクマネージメントできない者は淘汰されるべし

なるほど~、市場主義とはすばらしいものです
端的にズバズバと切り分けることができますね


しかしそれって「お上意識」と言うかな・・・
Charlie Brown│URL│posted at 2008-08-05(Tue)08:32│編集
>Charlie Brownさん
返事が遅くなってすみません。

「お上意識」は、どうにもならないときに、陳情すれば国が助けてくれるだろうという意味で使いました。


masaki│URL│posted at 2008-08-07(Thu)19:07│編集
普通「お上意識」って、エライ人などが見下している
視線に対して使いませんか?

あれ、私の使い方が間違えてるのかな・・・

陳情嘆願って、○○根性って言い方するよね、あんまり
いい言い方ではないけれどさ。
Charlie Brown│URL│posted at 2008-08-07(Thu)21:16│編集
>Charlie Brownさん
>>普通「お上意識」って、エライ人などが見下している視線に対して使いませんか?

「御上」と感じで書きますので、Charlie Brownさんの指摘のとおり、エライ人などが見下しているときのことをいうのが正しいようです。

MASAKI│URL│posted at 2008-08-09(Sat)00:54│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。