正樹ブログ -アフィリエイト(4)-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.07.17(木)

アフィリエイト(4)

アフィリエイトをやってきて感じたこと。

興味のある人限定で書いてみました。
アフィリエイトでお金を稼ぐことは難しい。

考えてみればわかると思います。アフィリエイトは、商品を売り上げから、だいたい5%~20%が報酬としてもらえます。(楽天アフィリエイトの場合、1%しかもらえません。)たとえば、5%の場合、単純に10000円の商品を売り上げても、500円です。現実の社会でも10000円の商品を売り上げるのは難しいのに、ネットならなおさら難しいです。

そこで、アフィリエイトをする目的を考えなければなりません。お金を稼ぐのが難しいのに、あえてやる理由です。時間の費用対効果を考えれば、むしろ現実社会の方が稼ぐことができます。そこで理由をいくつか考えました。

1)ネットの世界のお勉強。誰を対象に、何を売れば買ってもらえるのかを考えること。バナー広告をどこに貼れば注目してもらえるか。見ている人がどうすれば気分を害さないか。広告だらけのブログなんて読む気が失せます。(このブログはバナーを貼り過ぎています…。)どうすれば人がサイトを見にきてくれるようになるかの勉強ができます。

2)広告を出している企業の、最新情報がいち早くわかる。広告を出している企業は、アフィリエイトをやっている人もお客としてみているからです。宣伝を兼ねれば企業としても安いものです。

3)売り上げ報酬以外に、会員登録で報酬がもらえるアフィリエイトがある。うまくいけば効率よく稼ぐことができますが現実は難しいです。

4)自分の出したバナー広告経由で自分が買えば、報酬ももらえるので現実の世界で買うよりも安く買うことができます。(自分がアフィリエイトやる理由として、一番大きいです。)さらに電子マネーやクレジットカードを併行して使うとさらにお得です。

(電子マネーはNTTコミュニケーションが作ったちょコムがお勧めです。)


○インターネット経由で買うときの注意点

1)値段に惑わされない。商品自体は安かったとしても、送料、振込み手数料が追加でかかってくる。

2)店を信頼できるかどうか。ネットの世界は大手からマイナーなところまである。

3)情報漏洩に気をつけること。怪しいと感じたサイトからは買わないようにする。

4)3)と関連しますが、登録のメールアドレスは普段使っているものとは別のものを用意する。買ったが最後、メールが大量に送られてきます。これはアフィリエイトを登録する際にも同じことがいえます。

ネットの中は、ネットにつながる環境があれば誰でもアクセスが可能で、競争が激しいです。時間とお金をかければ参入できます。優れたサイトであってもすぐに真似をされて、陳腐化されます。アフィリエイトの業界で何社もあるということは、企業側も売り方に困っているということです。その点を考えてやってみてください。

最後に独断と偏見でお勧めのアフィリエイトを紹介します。これらのサイトはある程度の期間、ブログを更新してきた方限定です。ブログの内容によっては承認されない場合もあるので、その点を注意してください。

アフィリエイトならリンクシェア
(理由)リンクシェアは、三井物産がつくった会社ということもあって、アップル、ソニー、大丸、高島屋、ウィルスソフト会社のマカフィーといった大手の企業が参加していて、自分でも買いたい商品がいくつかあるからです。さらに、手数料もかからず、1円から振り込んでくれます。シーズンごとに特別ボーナスもらえることもあって使い勝手がいいです。


(理由)バリューコマースは最近、1000円から振込み可能になり、かつ振込み手数料の負担がなくなって便利になりました。老舗サイトということもあり、こちらも優良サイトが多いです。ブルックスのコーヒーもここ経由で買っています。ただ、承認までの時間がかかりすぎなのが難点です。



(理由)MyアフィリエイトはNTTコムが作ったサイトです。ここも1000円から振込み可能になり、かつ振込み手数料の負担がなくなりました。動画の配信バナーもあったりとユニークな提携サイトが多いです。ビックカメラのサイトも提携先としてあります。5000円から振込み可能なアフィリエイトサイトを見かけますが、一つのサイトだけでは5000円を稼ぐのは困難です。せめて上限は2000円です。振込み手数料がかからないところがいいです。

│posted at 15:54:26│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。