正樹ブログ -ゆたかな社会 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.05.22(木)

ゆたかな社会 

ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)
(2006/10)
J.K. ガルブレイス

商品詳細を見る

この本は授業補助のクラスの輪読テキストとして使っていたので興味を持ちました。偶然、隣席のMさんの本棚にあったので、無断でお借りして読みました。(ごめんなさい。)名著とよばれているだけあって読み応えがあります。文章自体も読みやすく訳されています。でも「通念」といった概念がわかりにくい語も使われています。

ガルブレイズは、前近代の「少数のお金持ち」と「大多数の貧乏人」の対立の構造から「少数のお金持ち」、「中間層」、「少数の貧乏人」の三層構造へと移っていくという考え方を示し、「貧困」が無視されるようになったと指摘しています。(彼は、自由競争の市場をつくるべきだと言っている経済学者が実は競争状態に置かれておらず既得権益にしがみついていると痛烈に経済学者を批判しています。)

これは、たとえば地震で被災した人には注目し寄付が集まるのに、通常の貧しい人たちには、政治家も中間層も、なかなか目を向けていないといった感覚に似ています。「ゆたかな社会で貧しくあること」と「貧しい国で貧しくあること」とでは、どちらがましなのでしょうか?と問いを立てているけれど、

この答えは難しいです…。

「貧困が至るところにみられても、われわれが貧困でないことはあきらかである」の気になる一文があるように、結局のところ自分の置かれている立場(親に扶養されている)が貧困状態にないのでわからないのが正直なところです。

│posted at 19:14:30│ コメント 2件トラックバック 0件
≫コメント 
宇沢大先生が、『経済学の考え方』の中で触れてはりました。
『道徳感情論』で名声を獲得したスミスが『国富論』でいわんとしたことは、貧しいといわれる層がよいよい生活をするためには、「豊かさ」が必要で、『国富論』はそのためのものだと。そのためには、神をも、人間の支配下におくべきだと。(誤解があれば、ご指摘ください。)」まさに、「人間中心の経済学」で、「人間中心主義」な訳ですが、まんざら否定でないような、きっちりした論理です。(評論ではありません。)
http://www.amazon.co.jp/経済学の考え方-岩波新書-宇沢-弘文/dp/4004300533/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=books&qid=1211483920&sr=8-1
↑親書になって安い本ですが、下手に高い教科書よりも値打ちあると思います。


N│URL│posted at 2008-05-23(Fri)04:21│編集
>Nさん
コメントありがとうございます。
「豊かさ」って何なんでしょうね。倫理学の授業でもやりましたが、相対的に考えた場合と絶対的に考えた場合とでは、「貧困」そのものの意味も変わってきますしね。


Masaki│URL│posted at 2008-05-24(Sat)10:14│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。