正樹ブログ -9.11で思うこと-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2006.09.11(月)

9.11で思うこと

9.11が起きたとき、僕は高校3年生だった。あれから5年経った。世界は平和になったのだろうか?


イラクにあるとされている大量破壊兵器は依然見つかっていない。


フセインとアルカイダは無関係だったそうだ。


米国のイラクやアフガニスタンの攻撃で、9.11テロで亡くなった人以上の数が亡くなった。これを米国はどう評価するのか?


先制攻撃がありなら、なんでもありの怖い社会になってしまう。日本は今頃、北朝鮮を先制攻撃しているだろう。戦争状態になった時点で、外交の失敗だ。その点を考えると日本の外務省はまだ頑張っているのだろう…。


ところで、世界は平和になったのか?答えは否だ。軍需産業があるかぎり、戦争と名がつかないまでも争いは続く。イスラエル問題は泥沼化状態で解決の糸口さえ見つかりそうにない。


「戦争があるから、軍需産業が必要である=軍需産業があるから、戦争が必要である」のような気がしてならない。


(個人的な意見として、イスラエル問題に関して、比較的中立な日本がもっと仲介役で頑張ってほしい。)


テロリストを擁護する気持ちはさらさらないが、世界には、貧富の差であったりとテロリストが生まれる土壌がたくさんある。テロを予防する意味で、テロリストが生まれない土壌を作っていく必要があると思う。




リンクの欄に、興味のあるサイトを増やしてみました。


│posted at 23:58:41│ コメント 2件トラックバック 0件
≫コメント 
外交が下手くそな日本人がどこまで頑張れるか…やっぱり敗戦国という経歴を持つ日本は仲介役になれるほどの立場をになれるのであろうか?
まずはアメリカとの関係を改善しないと、北朝鮮との外交もアメリカの顔色を窺いながらになるにきまってる…
考える事はたくさんありますね
A・H・KAMEEN│URL│posted at 2006-09-12(Tue)14:41│編集
コメントさんくす!考えることはいっぱいあるけど、どれだけ一般国民の意見が通るかやね。

最終的に物事をきめるのは、政治家や官僚やから…
masaki│URL│posted at 2006-09-13(Wed)01:07│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。