正樹ブログ -あるニュースで思ったこと-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2006.09.05(火)

あるニュースで思ったこと

はじめに、あるニュースとはホリエモンのことではありません


「死後の人工授精 父子と認めず」です。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060905ik08.htm


お母さんと子どもには気の毒だけれど、今回の判決は仕方がないと思う。司法の限界を感じた。


感情的には認めてあげたいけれど、冷凍精子で父子と認めてしまうと、いろいろな面で不都合が出てくるので、司法としても判断が難しいのだろう。


例えば、祖父の相続をどうするのかといった問題がでてくる。祖父がとてつもなく多大な遺産を残していた場合どうしたらいいのだろうか?


科学的には、「曽祖父の精子で生まれる子ども」と「祖父の精子で生まれる子ども」を同じ時間に生ますことが可能になるかもしれない。そうなると何親等とかはどうやって判断したらいいのだろうか?


考えれば考えるほどこんがらがってきます。法律が科学に追いついていない気がしてなりません。


「生殖医療」についての法律の整備を進める必要があると感じました。


皆さんは、死後の人工授精に賛成ですか?それとも反対ですか?


 


│posted at 20:17:51│ コメント 4件トラックバック 0件
≫コメント 
難しい問題はらんでますよね。
人工受精に反対する理由はありませんが、
父親がいない子供がどのように成長するかは
考えておかなければならないと思います。

ブログランキングから飛んできたじょにでした。
応援ボタン押しておきますね^^

ではまたきます(・∀・)ノ
じょに│URL│posted at 2006-09-05(Tue)23:01│編集
コメントありがとうございます!

子どもの戸籍の父親欄が空欄なのは可愛そうなんですけどね…。
masaki│URL│posted at 2006-09-05(Tue)23:48│編集
うーん・・・ 直血の子供を望む母心は、驚くほど切実なものだったので、せめて実子としては認めてあげて欲しいのですが・・・(不妊症の治療で心身ぼろぼろになっている知人がいます)

ただ、親等のカウントが時間差で狂ってしまうのは、自然の摂理に反してくるし。おまけに財産というやっかいなものを背負っているし。
そうでなくても、正月親戚が集まって、
「5歳の叔父に、40歳の甥がお年玉をやる」とか・・・
やっぱり変な感じ・・・

「制約付きで認める」という段階まで話を詰めてくれれば嬉しいですね。
どこまで認めるかのライン引くのが難解ですが。

色々考えさせられる深いテーマ、ありがとうございました☆
CIPHER│URL│posted at 2006-09-06(Wed)09:54│編集
コメントありがとうございます。

個人的な意見としては、僕も「制約付き」で法整備するのがベターだと思います。
masaki│URL│posted at 2006-09-06(Wed)11:47│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。