正樹ブログ -世論調査について-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2007.09.28(金)

世論調査について


食べ物旅行の記事ばっかりやなと批判されそうなので少しだけ真面目な話。

安倍首相が辞任して、新たに福田さんが首相になったということで、新聞などのマスコミでは世論調査が行われて〇〇首相の支持率は〇〇%といった記事を目にすると思います。

ここで新聞、テレビは疑ってみます。
うんうん、そうやな。」と頭を縦に振っていてはいけません。
これ、ほんまなん?」と疑って見ることが重要です。

新聞の片隅を見ると世論調査の方法が書かれています。世論調査といっても、せいぜいサンプル数は1000から2000。加えて、固定電話でのアンケート調査です。

携帯電話の世論調査は含まれていません。
固定電話でのアンケートに答えられる層は限られています。
マスコミ好きな人が時間を持て余している人たちが主です。

もし携帯電話に掛けられてきたらどうしますか?

「もしもし、〇〇新聞社の世論調査をしているのですが協力していただけないでしょうか?」、「今忙しいのでごめんなさい。」と電話を切る人が大半じゃないでしょうか。

信頼できないデータをいくら集めたところで信頼できるデータにはなりません。
なるところが日本のマスコミの怖いとこでもあります。

テレビや新聞での客観的な報道はありえません。
少なからず主観的な要素が入っています。このことをお忘れなく…。

「支持率が高い。世論が味方している」と喜んでいるアホな政治家がいますが、味方しているのは世論ではなくマスコミです。このことを政治家は自覚した方がいいです。極論を言えば政治家を政策誘導したということでマスコミにも政策の責任を追求されるべきです。

それなのに政策が失敗すると政治家や官僚だけの責任にするのは無理を感じます。



参考になったらクリックしてください。


│posted at 01:09:47│ コメント 2件トラックバック 0件
≫コメント 
確かに世論調査ってあてにならないよね。

でも、世論調査で

「うわーみんな支持してるんだー。んじゃあ、私もとりあえず支持しとこう!」

みたいな風潮ができるのは確かだから、政治家はマスコミが味方してくれるのは心強い限りだと思います。
必殺仕事人│URL│posted at 2007-09-28(Fri)14:11│編集
よく言われる「風」って八割方マスコミで作られている気がします。
まさき│URL│posted at 2007-09-29(Sat)15:48│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。