正樹ブログ -タカアンドトシとテツandトモが頭の中で混乱しています。-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2007.09.13(木)

タカアンドトシとテツandトモが頭の中で混乱しています。



久々のブログ更新。タイトルと内容は全然関係ありません。

今週読んだ本のタイトルは取引。分厚くて一日では読みきれませんでした。

著者は映画にもなったホワイトアウトの原作者でもある真保裕一です。彼の作品はいくつか読んだことがありますが、毎回緻密に調べられ書かれているので小説でありながら社会問題について考えさせられます。

ストーリ-は公正取引委員会に勤める主人公が何者によって職を終われ、フィリピンに行くことになり、さらに、そこでも事件に巻き込まれることになり話が繰り広げられていきます。日本・フィリピンを舞台にしたスケールの大きい作品です。談合問題、公正取引委員会に興味がある人には一読の一冊です。




│posted at 20:08:33│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。