正樹ブログ -スターバックスについて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2007.04.12(木)

スターバックスについて


今年に入ってコーヒー豆を買う機会が増えた。

コーヒーミルを使うため豆のまま買っている。ある日、スターバックスでスマトラの豆を買うと豆より少し小さい石が入っていた。気づかずに挽いてしまうと口のなかに入るところだった。すぐに買った店に持っていって、責任者とおぼしき人に事情を話す。

説明によれば「ときどき豆の中に石がはいっている。」とのこと。
スターバックス本部に持っていって調べるということで出てきた石を渡して、その場は帰る。

一週間後にスターバックス本部から電話がかかってきて以下の説明を受ける。

「コーヒー豆の焙煎は日本ではなく海外で行っている。」
「異物の除去はコーヒー豆のサイズ以上のものしか取り除いていない。」
「今後もこの方針は変更しない。」

この電話の対応を聞いて、スターバックスで豆を買うことも、自分からスターバックスでコーヒーを飲むことを辞めた。それ以来、別の店でコーヒー豆を買っている。良かったら溜まったポイントを差し上げます。

たかがコーヒー豆、されどコーヒー豆である。

もっと迅速に対応できないのか?スターバックスのホームページではメール、本部への電話対応はすることができない。他の大手外食産業であるマクドナルドではメールの苦情受付を行っている。買った店には責任者といいながら、正社員はいなかった。店側としても、現物を持っていった際にコーヒー豆の交換をすべきである。また、他のコーヒー豆の店のように異物除去の工程を徹底すべきである。

知っている人も働いているので恐縮だが、バイトさんには、もっと責任をもって取り組んで欲しい。別の店でコーヒー豆を買っているが、欠けたコーヒー豆は入っていないし、石も入っていない。接客が良いだけに残念である。

おまけに、他店は100グラム280円からと安い。消費者は、スターバックスのブランドを買って、高い値段でも買うのである。スターバックスは、フェアトレードや労働問題、環境問題に取り組んでいて高い評価をしていただけに残念でならない。これでは不二家とたいして変わらないのではないか。違う点は小さい石ではニュースにならないことである。


(本文を読まれて気分を害された方には本当に申し訳ありません。)

│posted at 13:44:57│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。