正樹ブログ -2009年02月-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2009.02.25(水)

読書リスト 奥田英朗&東野圭吾

ブログの更新が鈍った原因は、読書に取り組んでパソコンを起動しなかったからです。最近2週間で読んだ本をリストアップしてみました。奥田英朗、東野圭吾を中心に読みました。一日2冊のペースで我ながらよく読んだ2週間です。3月まで同じペースで読んでいきたいです。なにかお勧めの本がありましたら教えてください。

下記の本はすべて奥田英朗です。

延長戦に入りました (幻冬舎文庫)
ショートエッセイです。高校野球の試合のスコアの記事を見て、筆者が勝手に妄想して試合の様子を書いていたりとくすっと笑ってしまう一冊です。

東京物語 (集英社文庫)
1980年代の様子が詳しく書かれた本です。生まれていたけど、バブルの雰囲気がほとんど記憶にないため、その時代の様子が感じ取ることができます。死ぬまでに一度はバブルを経験してみたいです。

最悪 (講談社文庫)
とにかく、内容が暗いです。文庫にしては厚めでしたが、思わず朝まで読んでしまいました。主要登場人物が3人出てくるんですが、どこでどう結びつくのか、読めば納得します。

空中ブランコ (文春文庫)
直木賞をとった本です。変な精神科医、伊良部先生と患者とのやりとりが書かれた本です。短編で構成されており、読み終わったあとの、なんかわからないけど、ほのぼのな気持ちにさせてくれます。

ララピポ (幻冬舎文庫)
とにかく、セックスの言葉が連発します。健全な中高生には読ませたくない一冊です。電車の前でカバーをつけずに読んでいたら、ドキッとします。この本は途中から読むと、官能小説じゃないのかと疑いたくなります。短編で構成されており、はじめの回で登場した人物が次の回では脇役でいたりとつながりながら進んでいきます。最後にララピポの言葉の意味がわかります。

港町食堂 (新潮文庫)
タイトル通り、港町の食堂を編集者と一緒に出かけて書かれた旅エッセイです。あまり旅に行かないので擬似旅行で楽しく読ませてもらいましたが、頻繁に旅に行っている人からすれば、物足りないと思います。小説に比べて、あんまり本気だして書いていない気がします。

サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)
元過激派の父と母と子供の話です。元過激派で現在作家かぶれのお父さんがカッコイイです。トヨエツが父親役で映画化されたそうです。流行に疎いため全然知りませんでした。上が東京編で、下が沖縄編です。

下記の本は東野圭吾です。

容疑者Xの献身 (文春文庫)
ガリレオ先生、湯川シリーズの3冊目の本です。読み終わった感想は、そこまでX氏はしなければならなかったのかがよくわかりませんでした。トリックはなるほどと思いました。トリックを解くカギは「歯車」です。

探偵ガリレオ (文春文庫)
ガリレオ先生、湯川シリーズの1冊目の本です。よく考えるなと思う話が短編で書かれています。ドラマ化されたそうですが、テレビはあまり見ないため知りませんでした。

宿命 (講談社文庫)
昼ドラマでありそうな話です。最初の謎が読み進めていくうちに、わかっていきます。タイトルの意味も最後にわかります。
スポンサーサイト
│posted at 19:34:59│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.25(水)

モダン焼き・鉄板焼き やまぢゅう@百万遍

090221_170322.jpg

やまぢゅうは、百万遍にあるビートルズバー、リンゴの隣にあります。焼きあがるまで時間がかかりますが、雑誌もろもろも置いているので、退屈しません。

写真はお好み焼き定食です。値段は確か680円だった気がします。他のメニュ―もだいたい同じ感じの価格帯です。炭水化物&炭水化物は食べ終わったあとで満腹になりました。


日曜日が定休日、営業時間は11時半から夜の11時までです。

場所:京都府京都市左京区田中門前町23

│posted at 18:33:12│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.22(日)

梟@百万遍

090214_205911.jpg

ここ二週間、特に深い意味はありませんが、一日2食のペースです。そして、焼きそば、お好み焼き、たこ焼きと、ほぼ毎日ソース系&粉もの系を食べています。野菜がとれていません。

先週、百万遍の交差点近くにある梟に行きました。このお店はラーメンを注文すると白ご飯がついてきます。じゃあ最初から白ご飯プラスの食券でいいやんと思いつつ、白ご飯を頼みました。炭水化物&炭水化物でカロリー高めですが、白ご飯がないと食べれません。

小奇麗なところで、たまに行くにはいいかなと思うお店です。

場所:京都府京都市左京区田中門前町2-20 ドムス百万遍1F

│posted at 17:18:36│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.21(土)

お好み焼きジャンボ@等持院

090219_165051.jpg

お好み焼きジャンボは、場所柄、行くには勇気のいるお店だったんですが、時間ができたので行ってみました。雑誌などの巷で有名で一度は行ってみたいと思ったお店です。店内はサイン色紙がたくさんありました。誰のものが全然わかりませんでした。人気店なんだろうなってのは入ってすぐに感じました。

タイミングがよく、お店に入ったときは誰もお客さんはいず、すぐに注文することができました。行列必至みたいなことがネットなどで書かれていたのでビビっていましたがよかったです。自分の目の前で焼いてくれるパフォーマンスは見ていて楽しくなります。味は甘から辛まで選ぶことができます。

写真では全然伝わってませんが、二人で食べるには十分すぎるほどの量です。ちなみに、お好み焼きはジャンボのミックス(価格は750円。)、焼きそばは普通サイズ(価格は550円。)です。ボリュームがあるため、持ち帰りをする人もちらほら見受けられました。


場所:京都市北区等持院南町35
電話番号:075-462-2934
営業時間はわかりません…。

│posted at 20:32:55│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.20(金)

白いたい焼き えびす堂@北野天満宮

IMG_0860.jpg

久し振りの更新です。更新が止まった理由は大学院での発表の準備などいろいろとあるのですが、一段落したので、少しずつ更新していきます。

写真の白いたい焼きは北野天満宮近くに新しくオープンお店で買いました≫詳細HP

HPによると、京都ではこのお店は初出店だそうです。一匹130円です。物珍しさで買ってみました。白以外にも緑色や赤色もあるそうです。味の方は、外はぱりっと、中はもちっとが売りだそうですが、実際に食べてみると、全体的にお餅を食べるような感覚でもちもちしていました。でも新触感でおいしくいただきました。

他のバリエーションを試してみたくなるたい焼きです。北野天満宮の近くによった際には是非どうぞ。

PS
「鯛」以外にも別の型枠でやってくれるともっとユニークかなと思いました。たとえばフグの形とか…。

│posted at 18:49:47│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.10(火)

左利きの日

090209_234005.jpg


写真は京阪電車の車内。新しい電車を見て思いました。この色はドラゴンボールのナメック星人を意識したんじゃないかと。現在の京阪電車は「赤」、「緑」、「青」が走っています。この色を見て、ぱっと頭のなかで思いました。三大メガバンクを意識したんじゃないかと。

前置きが長くなりました。2月10日は「左利きの日」らしいです。0210→左は英語で「レフト」。かなり強引ですが、とりあえず、左利きの日だそうです。

人間観察をするとき、左手の薬指に指輪をしていないかと利き腕をチェックします。右利きの自分にとって左利きの人を見ると、この人は頭がいいんじゃないのかと勝手に妄想しています。事実、大学時代のゼミは12人ちょっとのゼミで、3人左利きがいて、3人とも頭がキレキレだった記憶があります。

少し困ったことは、一緒にごはんを食べるときに、右利きと左利きの人が並んで食べると、手がぶつかって食べにくいことでしょうか。
│posted at 19:21:57│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.05(木)

宿命

容疑者X氏の献身に続いて、宿命を読みました。不思議な話でラストの1行まで気が抜けません。東野圭吾作品にはまりそうな予感です。作品自体の構成が次はどうなるのか気になる作品が多く、それでいて、深いテーマがあってと内容盛りだくさんになっています。

東野圭吾氏が頻繁に出入りする銀座の文壇バーとやらに行って、小説の作られ方について話をうかがってみたいです。

宿命 (講談社文庫)宿命 (講談社文庫)
(1993/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る



│posted at 20:03:44│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.04(水)

真夜中のマーチ


テレビも新聞も暗すぎます。少し明るい話題はないのでしょうか。政治もダメ、経済もダメ。4月から働く予定ですが不安で不安で仕方ありません。早く麻生さんには辞めてもらって、総選挙をしていただきたいです。企業の赤字決算を見るたびに個人の力ってたいしたことないなと思ってしまいます。

散らかっている部屋のなかで、世界金融危機が起こる以前の新聞、つまり2008年8月の新聞を見つけました。この新聞をあらためて読むと、来年も右肩あがりでいいことあるかな

現実逃避したくて読んだ本が直木賞作家の奥田英朗の真夜中のマーチです。現実ではありえないことが連続して起こりますが小説なのでご愛敬。読みやすい文体でスピード感あふれる作品です。

真夜中のマーチ (集英社文庫)真夜中のマーチ (集英社文庫)
(2006/11)
奥田 英朗

商品詳細を見る

│posted at 17:42:09│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.01(日)

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ブログの更新が鈍っていました。すみません。体調が悪くて更新する気が失せていました。昨日、東野圭吾氏の容疑者Xの献身を読みました。映画にもなったり、直木賞をとったりと話題にはなっていたのですが、流行に乗り遅れて今頃になってしまいました。

ストーリー自体は、わかりやすく、犯人もわかっていて、天才数学教師がどのようなトリックを使ったのかを、同級生である、ガリレオ先生こと湯川がトリックを暴いていくものです。結末が気になって最後の方を読みたくなりますが、そこは我慢して読み進めてください。

│posted at 18:12:53│ コメント 0件トラックバック 0件
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。