正樹ブログ -2008年11月-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.11.30(日)

プロ論。2

プロ論。2プロ論。2
(2005/12/16)
B-ing編集部

商品詳細を見る


「プロ論。」シリーズの2冊目。テレビや雑誌でよく目にする著名人のこれまでどうやって生きてきたかをごく簡単に説明している本です。前作に続きたくさんの人が出ています。少しだけ、わかった気になって読み終わったあと、無責任な元気が出てきます。ただ持続しないんだけど。なので手元に置いておきたい一冊です。


これまで型にはまって生きよう、なるべく安全な生き方、保険がある生き方を目指そうとしてきました。たぶん、堅実で間違いじゃないんだろうけど、この本を読めば別の方向もあるんだよと思わせてくれます。

--------------------------------------------

あるページで、花を生けるときの「かきくけこ」が紹介されていました。うーん、いろんな場面に役立ちそうです。誰のページに書かれているかは読んで確認してみてください。

か:感謝、感動すること

き:緊張感を持つこと

く:くつろぐこと

け:決断すること

こ:好奇心を持つこと

スポンサーサイト
│posted at 16:39:34│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.29(土)

どうでもいい話

どうでもいい話その1

パンダは人間並みにパンダを見た目、性格etcで選ぶそうです。パンダの数が少ないので、例えるなら小学校の2クラスでカップリングするような無茶な状態だそうです。妊娠する時期は1年のうち3日程度。パンダの数か少ない理由がわかりました。人間に生まれてきてよかった。

どうでもいい話その2

「行けたら行きます。」はどれくらいの割合で行くのだろうか。
「たら・れば」の可能性は…。

なるべく使わないようにしよう…


│posted at 20:43:16│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.27(木)

大学受験体験記@同志社大学

ある受験生ブログをみて自分の受験生時代を思い出しました。なので今回は、自分が昔やった大学受験の勉強を少し紹介します。参考にしてください。

はじめにことわっておきますが、私立大学文系受験の勉強法です。とくに同志社大学に絞って紹介します。受験科目は英語、国語、日本史の三教科です。他はわかりません。(国公立や他大学については、他の方を参考にしてください。)

1、過去問研究

行きたい大学が決まっていたので、過去問研究からはじめました。過去問は、ブックオフで安く売っている過去の赤本を買って使いました。10年分×全学部を解いて感覚をつかみました。(ただし赤本の答えが合っているとは限らない。とくに国語の問題)過去問と解くとだいたい足りないところがわかってきます。

ブックオフオンライン

2、国語の古文

国語は、古文は漫画の「あさきゆめみし」を読んでいました。源氏物語のあらすじを知っているのと知っていないのでは大きく違ってきます。話の内容が知っているだけで解ける問題もあります。昔の人の性癖がわかって面白いです。古語は、あとゴロゴ13を使って覚えていました。活用形は予備校の先生の影響で歌で覚えました。活用形をコピーしたものをいつも持ち歩いていました。トイレにも貼りました。

予備校の先生ですが、活用形を宇多田ヒカル、キンキキッズの歌を踊っている先生でかなり気持ち悪かったのを覚えています。

あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社コミックスミミ (960巻))あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社コミックスミミ (960巻))
(1980/11)
大和 和紀

商品詳細を見る


ゴロで覚える古文単語ゴロ565(ゴロゴ)ゴロで覚える古文単語ゴロ565(ゴロゴ)
(2004/03)
板野 博行

商品詳細を見る


3、国語の現代文
漢文はたまにしか出ないので簡単な読み方だけ覚えてやっていません。なので現代文に力を入れました。評論になれるのが重要です。数をこなしました。Z会で送られてきた問題を解いていました。これといった勉強法がありませんが、学校でもらった国語便覧を眺めていました。





4、英語
英語は苦手でした。(今も苦手ですが…。)英文を早く読めなかったので、毎日長文を読んでなれました。長文の内容一致問題対策で早稲田大学の長文を読んでいました。とにかく英単語&英熟語を覚える。とくに英熟語は覚えておくとあとあと応用が効いて便利です。英作文の問題に使えます。同意語問題にも対応できます。英熟語は下の二冊を繰り返しやりました。桐原の全解説シリーズをやると力がついたなと思いました。とくに整序問題は英作文にも使えます。

頻出英語整序問題850 全解説頻出英語整序問題850 全解説
(1998/07)
不明

商品詳細を見る


全解説頻出英熟語問題1000―基礎チェック問題100付 (大学受験スーパーゼミ)全解説頻出英熟語問題1000―基礎チェック問題100付 (大学受験スーパーゼミ)
(1998/07)
不明

商品詳細を見る


5、日本史
日本史は得点源の一つでした。といっても、同志社大学の試験は基本問題しか出ません。合格得点率が高いのが特徴です。なので簡単な用語を取りこぼさないように気をつけました。いらない紙に書いて覚えました。山川の最新用語集を手元に置いて勉強してください。年号は近い年号同士を関連づけながらゴロで覚えました。自分で自分にしかわからないゴロをつくっていました。

日本史の秘策ですが全学部を受けると最終日の試験で出る時代分野がわかります。ただ、知り合いを作って協力してもらうか、予備校の過去問速報で確認するかしないとお金がかかります。


書くのが疲れたのでこの辺にしておきます。質問があればコメントください。

-------------------------------------------------------------------
大学受験の勉強って孤独で寂しいし、お先真っ暗ですが頑張ってください。同志社大学に晴れて大学に入学してみると自分の空気と周りの空気が違っていて当初とまどいますが、卒業するときには通ってよかったなと思える学校だと思います。


│posted at 18:25:05│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.25(火)

ICレコーダー

今週から大学祭がはじまるので家にいます。

紅葉シーズンで京都は観光客でいっぱいです。京阪電車は、乗客のキャパシティーが超えています。仕方なく普通電車で通学しています。はやく落ち着いてほしいです。

で、今回はICレコーダーの話。学部時代、授業の講義を聞き逃さないようにICレコーダーを使っていました。とくに哲学の難しい授業には重宝しました。残念ながら、それ以外であまり使っていませんが…。

最近はボールペン型のICレコーダーも出ています。スパイ映画に出てきそうなボールペンです。使い方を間違えて、なんでもかんでも簡単に録音されると怖い社会になりそうです。

録音できるボールペン



│posted at 11:52:09│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.22(土)

茶道資料館

081122_113823.jpg

写真は裏千家の今日庵です。

で、今日は堀川にある茶道資料館(この施設は、今通っている大学と提携しているため学生証を提示すると無料で入館することができます。)に行って、「鎌倉時代の喫茶文化」を見てきました。見終わったあとには美味しい抹茶もいただけて有意義な時間を過ごすことができました。

http://www.urasenke.or.jp/textc/kon/gallery/gallery.html


│posted at 21:04:39│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.21(金)

視点をずらす思考術

視点をずらす思考術 (講談社現代新書 1930) (講談社現代新書 1930)視点をずらす思考術 (講談社現代新書 1930) (講談社現代新書 1930)
(2008/02/21)
森 達也

商品詳細を見る


この本は、森氏のこれまで雑誌、本に書かれたものを一冊にまとめた本です。森氏はテレビでお目にかかることができませんが、文字媒体ではよく見かけます。内容はメディアに対する意見が中心になっています。オウム真理教のドキュメンタリー映画を撮っていることもあり、そのことにも少し触れられています。

新聞・テレビのメディアに不満を持っている方が読めば面白い本だと思います。何が不満なのか整理できます。最近新聞はそうでもないですが、テレビをまったく見なくなりました。ニュース報道を見ても、先が読めて面白くない。

古館伊知郎 がいくら貧困を語っても全然説得力ないし、見ていても不愉快になるだけです。視聴率を気にする前に、テレビを見なくなった人がどれだけいるか真剣に考える時期にあると思う。

大学の大麻報道にしても、名前まで公表する必要性があるんだろうかと疑問です。興味本位で騒ぎたてて、学生の今後のことなんてこれっぽっちも考えていない気がします。大学のHPを見ても大麻事件には触れても学生の名前は記載されてません。(当然といえば当然ですが…。)

この本のなかでも書いてましたが、「公正中立な報道」や 「客観的な報道」は言葉としては理解できても、現実どこもやれてない気がします。

│posted at 17:44:09│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.21(金)

野中広務 差別と権力

野中広務 差別と権力 (講談社文庫)野中広務 差別と権力 (講談社文庫)
(2006/05/16)
魚住 昭

商品詳細を見る


先週はリリー・フランキーに傾倒してましたが、今週はノンフィクションの本を読みたくなったのこの本を選んで読みました。野中氏の存在は、テレビのブラウン管からの怖い顔したおっさんがテレビに出てるなくらいの認識しかありませんでした。

野中氏は出自から大変苦労して政治家への道を進みます。この本を読めば、戦後の政治がどのように行われてきて、現在の政治の状況が少しずつわかってきます。けっして綺麗ごとだけじゃすまない政治の世界。何が正しくて、何が正しくないのか。正義ってなんだろうか考えさせられます。善悪、二つにわけて考えることができるほど政治の世界は甘くないこともわかりました。

野中氏の差別認識、差別の再生産を防ぐためにはどうすればいいかを真剣に考える姿勢には感心します。文庫本にしてはボリュームがありますが一読の価値ありです。魚住氏の他の2冊も近日中に読む予定です。

2世、3世の政治家ばかりが国会にいて、ほんまに大丈夫かこの国と思ってしまう。他人事じゃいけないんですが…。今の麻生首相でいいのか本気で国民全体が考えるべきです。そのためにも知識、知恵を蓄えて冷静に見る目を養う必要があります。

Yahooのニュースのコメント欄に書き込むだけじゃ世界は変わりません。



│posted at 00:47:25│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.19(水)

Baby,I LOVE YOU 斎藤和義



関西でも木枯らし一号が吹きました。寒いです。

これから寒いですが体調には気をつけてください。


動画が気になった方は、斎藤和義の白盤を買ってください。
│posted at 11:49:20│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.17(月)

なか房@烏丸鞍馬口

081117_175022.jpg

京都市営地下鉄の鞍馬口駅の近くにある「なか房」へ行きました。

写真はでっかいチキンカツ定食です。

でっかいチキンカツなため15分待ちました。

690円でチキンカツ+ミニラーメン+ご飯

儲かってるのか少し心配になりました。

お腹いっぱいになって動くのがつらいです。

http://www.leafkyoto.net/g/nakafusa/
│posted at 18:33:16│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.17(月)

どうでもいい話

どうでもいい話、その1

家への帰る途中、タヌキを見ました。
それも2匹。あきらかに猫や犬とはちがうビッグサイズ。
自転車に乗っている僕と目があったタヌキは川沿いを走って行きました。

どうでもいい話、その2

湯船につかりながら、ゆっくり歯を磨くのが習慣になっています。外も中もキレイになっている気がします。流行らせたいなとひそかな野望を考えています。

どうでもいい話、その3

このブログの記事の投稿数が500件を超えました。ほどよいコメント数と、ほどよいアクセス数が心地よかったりします。意外なキーワードで訪問してくれる人がいたり、全然あったことのない人とやりとりができたり、まずまず続いているのではないかと自画自賛しています。

今の目標のアクセス数は100アクセス(重複せず)ですがぼちぼち頑張ります。

どうでもいい話、その4

ここ一週間、国語科の教員免許が欲しくなりました。おかげさまで中高の社会科&地歴公民の免許はGETできましたが、自分のやりたい授業で考えたとき国語科がいいのではないかと思うようになりました。(といっても来年からは先生にならないのですが)

本を読んでいても、「いやいや、これは教材の準備ですから」といいわけができそうです。最低限の古文、漢文のテクニックと現代文の読み方を教えれば、あとは自分のフィーチャーした作家の本で授業ができたりと夢は膨らみます。でも現実はそんなに甘くないのは重々承知しております。

通信でとれそうなので将来の希望として残しておきます。
│posted at 00:55:35│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.16(日)

リリーさん(2)

外で誰か大きな声で歌っているなと、注意深く聞くと、石焼き芋屋が演歌調のメロディーで焼き芋を売っていました。選挙の演説といい勝負になると思うので、ぜひ対決してほしいです。

さて、今週はリリー・フランキーの本を集中的に読みました。

増量・誰も知らない名言集イラスト入り (幻冬舎文庫)増量・誰も知らない名言集イラスト入り (幻冬舎文庫)
(2006/02)
リリー・フランキー

商品詳細を見る


一冊目は誰も知らない名言集です。かわいらしいイラストいりでさらっと読めてしまいます。得意な下の話から、名言、迷言までおしげもなく書かれていて、電車でくすくすするのをこらえながら読みました。

ボロボロになった人へボロボロになった人へ
(2003/04)
リリー・フランキー

商品詳細を見る


二冊目は、一冊目とは違いオムニバス形式の短編小説集です。改行の仕方、台詞まわしなど参考になりました。エロネタで最後まで行くのかと思いきや上手にまとめていて、氏のぶっとんだ才能を垣間見ることができます。内容から高校生には難しいと思うので18歳以上の方にお勧めです。

│posted at 17:45:52│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.15(土)

同志社大学のツリー

081115_192303.jpg

今年もこの季節がやってきました。

同志社大学の今出川キャンパスのツリーです。

試験点灯なのでいつからはじまるかわかりませんが、来週には点灯していると思います。

京都で一番高いそうです。

近くに来た際には是非寄ってください。


│posted at 21:13:44│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

bimota@今出川寺町

081114_183656.jpg

昼、夜、学食だと、カレーでもラーメンでもグラムバーでもどれも同じような味付けに感じるようになりました。このまんねり状態を打破するには別のところに食べに行かねばならないと思い、このブログでも何回か登場している今出川寺町にあるbimotaに行きました。

で、久しぶりに写真を撮ったのでアップします。日替わり定食は昼も夜も650円でやっています。

早い、安い、旨いの三拍子そろったナイスなお店です。かつ学校に近いのがいい。いつもご飯のサイズに悩みます。あとあとのことを考えて中サイズを選びます。(値段は大中小同じです。)

ご飯のサイズ大って何グラムと思う方は店主さんと要相談してください。


│posted at 23:54:13│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

自己プレゼンの文章術

自己プレゼンの文章術 (ちくま新書 644)自己プレゼンの文章術 (ちくま新書 644)
(2007/02)
森村 稔

商品詳細を見る


文章の書き方の本です。読み終わった瞬間は物凄く文章が上手くなったように錯覚します。ですが、あいかわらず文章はパッとしません。自分で書いたものを後で読み返すと「てにをは」が間違っていたり、句読点の位置がおかしかったり、一文がとてつもなく長かったりと恥ずかしくなります。

以下目次です。著者はリクルートに勤めて退職されたあと作文指導の講義を大学で教えている方です。駄目な文とOKな文を交互に比べて例を出しているのでわかりやすいです。これを読めば新聞社の作文試験はなんとかなるかもと思った一冊です。

実際に書く練習が必要なことを本書でも言及されています。なので、時間の許すかぎり書く練習に励みます。

-----------------------------------------------------
第一章 そこに読み手がいる
1自己表現文を書くということ
2目的のある実用文
3だれがどう読むか

第二章 内容が決め手になる
1自己を主題化する
2事実と体験にものを言わせる
3一つだけ深く
4分割・具象化せよ
5無類を目指す

第三章 書き手が問題になる
1主題を立てる
2書き出しが大事
3冒頭に重点を置く
4ムダを省く
5短文で強く明確に
6誤解をまねく書き方

第四章 事前に打つ手がある
1体験のエキス化
2ボジティブな思考と表現
3一冊の本から
4論文も自己表現
-----------------------------------------------------------------------
│posted at 16:13:08│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

リリーさん

女子の生きざま (新潮OH!文庫)女子の生きざま (新潮OH!文庫)
(2000/10)
リリー・フランキー

商品詳細を見る


こだわりがないので少し気になった作家をフューチャーして読みます。なので本棚に一体感はまったくありません。

今週はリリー・フランキーの本を集中的に読みました。

予算がないのでいつもブックオフ率が高いです。通学途中に3軒ほどまわったら、だいたい70パーセントの確率でお目当ての本は見つかります。ホント新刊が出たらすぐに買える生活がしたい今日このごろです。だから世間の流行に確実に乗り遅れています。

この本も文庫版になる前は1998年に出されたものです。今は捕まってしまって影も形もない小室サウンド全盛の時代でした。中学生時代にタイムスリップさせてくれます。イラストたっぷり、太字たっぷり電車のなかで隣の人に見られると恥ずかしいので、カバーをつけて読みました。


PS
ベストセラーの東京タワーはまだ読んでません。ドラマも映画も見てません…。
│posted at 12:11:56│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

おつかれさまの国



最近お気に入りの動画。

アリナミンのまわし者じゃないけど、アリナミン飲んで頑張ろうかって気にさせるCMです。でもアリナミン一度も飲んだことありません…。

斎藤和義は中学校のときに、アルバムを買ってから好きになりました。とくに歌うたいのバラッドが好きでした。ませた中学生だったと思います。

│posted at 01:30:16│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.13(木)

太る努力。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
(2007/08/16)
岡田斗司夫

商品詳細を見る


岡田斗司夫曰く、人間は毎日太る努力をしているそうです。(それを努力と表現していいのかかなり疑問ですが。)氏のダイエット法はとりあえず食べたものを片っ端から書いていく方法。これをレコーデングダイエットと呼びます。(日本で一番最初にやったのはドクター中松だったと思うけれど、どうでもいい情報ですね。)

何かを残すのは脳にいいそうです。一方で、痩せようと思うとかえって痩せれないそうです。

お腹周りにが気になって体重と体脂肪を気にしてますが、レコーディングダイエットなんて面倒でできそうにありません。なので生活の一部に歩く時間を増やしました。この時間を増やしていきたいです。

最近だと前にも書きましたが三条から今出川を歩いて往復しています。今出川から三条に下るときに、ゆるやかな坂になっているのが実感できて少しだけ楽しくなります。あとエレベータ、エスカレータに乗らなかったり、電車のなかでは座らず立っています。翌日の軽い筋肉痛が気持ちよかったりします。




│posted at 19:44:36│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.13(木)

美女と野球

美女と野球 (河出文庫)美女と野球 (河出文庫)
(2005/10/05)
リリー・フランキー

商品詳細を見る


現実逃避がしたくてリリー・フランキーの本を数冊読みました。おかげで現実逃避ができました。

この本は90年前半から綴られたエッセイです。ベストセラーになった東京タワーに先駆けて書かれた本なので、リリーママンキー(母)がところどころに登場したり、当時の時事が出てきたりとどこか懐かしさを感じることができる一冊です。

リリー氏は、カタカナの使い方や句読点の使い方が絶妙で真似がしにくい文体です。かといって他の人の真似もできないけど。内容の半分以上が猥談で、変な人がたくさん登場して勧めるのを少々ためらいますが、電車で隣の女性が読んでいたら、すこしだけ嬉しくなります。


│posted at 19:15:20│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.12(水)

ヤクルトはいつ飲んだらいいのか?

ヤクルトはいつ飲んだらいいのか?

毎週ヤクルトが家に届けられますが、いつ飲んだらいいのかわかりません。

長年の疑問。夜に考えると寝れなくなります。

ヤクルトのHPを見ても載ってません。賞味期限だけでなく、飲み方まで丁寧に説明してほしい。ストローを使って飲めばいいのか、温めて飲んでいいのか、一日3本飲んでいいのか、何かと混ぜて飲んでいいのか、朝飲めばいいのか、夜飲めばいいのか etc


そして導き出した答えが、食後に飲む。


空腹状態でヤクルトを飲むと胃酸で腸まで菌が届かないのではないだろうかという仮説を立てました。正しいのか正しくないのかわからないけど、明日のために今日も飲みます。

│posted at 23:51:55│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.11(火)

ゆで卵のつくりかた

テレビでやっていたので忘れずに書いておこう。

冷蔵庫から卵を出して、(別に常温に戻さなくていい)

沸騰したお湯にいれる。いきなり入れると割れるので、何回かにわけて準備運動させてから入れる。

時間は七分

七分経過したらすばやく流水する。

切るときは糸で切る。

以上。

京都の瓢亭玉子と同じような感じでできるそうです。


│posted at 20:09:43│ コメント 3件トラックバック 0件
2008.11.11(火)

やなせたかし@人生の歩き方

ここ一週間ほど、運動不足解消のため三条通りから学校のある今出川通りまで20分ほど歩いています。行きの途中は、カフェや本屋などいろいろなお店や風景を発見できて楽しいです。紅葉も日に日に変化しています。とくに二条寺町あたりにある三月書房がお勧めです。

夜に帰るときは御所のなかを歩きます。カップルがいちゃいちゃしてたり、皇宮警察のプリウスがぐるぐる警備してたりしますが、基本は静かなので考え事をするにはいいです。歩くと脳がよく働いている気がします。

気になる体重ですが、歩いた分減るのですが、食欲が出て今のところ逆効果です。
--------------------------------------------------------------------------

人生の歩き方 2008年10-11月 (2008) (NHK知るを楽しむ/水)人生の歩き方 2008年10-11月 (2008) (NHK知るを楽しむ/水)
(2008/09)
やなせ たかし

商品詳細を見る


テレビで一回目の放送をやっていて気になったので買った本です。683円とページ数にしては高い感じがしましたが、やなせたかしさんの生き方がわかる本です。50代のときに絵本アンパンマンを書いて、現在にいたるまで書き続ける力には尊敬します。アンパンマンが生まれる背景がわかって勉強になりました。

│posted at 15:18:18│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.09(日)

ハイライト@百万遍

081104_213852.jpg

先日、百万遍にあるハイライトに行きました。今出川通りを銀閣寺方面にいくと見つかります。写真はジャンボチキンカツ定食です。

580円なので半信半疑で食べはじめましたが、サクサクして最後まで飽きずに食べることができました。油はどの油を使っているのかよくわかりませんが、パン粉がしっかりしたものを使っている気がしました。

時間のせいか、自分を含め店内のほとんどが男性。そして、場所柄、話を聞いているとほぼ京大生。

雰囲気が昭和です。(昭和の雰囲気はわからないけど。)

定食屋に一人で行くのはつらいなと感じた一日でした。

│posted at 19:18:43│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.05(水)

正倉院展

所用で奈良に行きました。

081105_082816.jpg

菊が迎えてくれました。菊を見ると祖母を思い出します。祖母は枚方パークの大菊人形展によく行っていました。見るだけだとつまらないので、ジェットコースターにも乗っていました。早く枚方パークの大菊人形展復活してほしいです。

081105_082901.jpg

続いて鹿さんが迎えてくれました。

081105_131059.jpg

春の遠足に行った興福寺にも行きました。天気も良くて人がうじゃうじゃいました。

081105_133502.jpg

若草山はほっこりできます。赤ちゃんのいる家族連れが羨ましかったです。

途中、奈良せんべいに不満のあるおっちゃんが鹿に柿をやっていました。実に美味しそうに食べていました。せんべい以外のバリエーションをつくるべきだと思いました。

タイトルの正倉院展は60分待ちだったので断念。生きているうちに一回は行ってみたいです。

│posted at 22:09:36│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.04(火)

温暖化と資源問題の現実的解法

持続可能社会へ向けた 温暖化と資源問題の現実的解法持続可能社会へ向けた 温暖化と資源問題の現実的解法
(2008/08/27)
御園生 誠

商品詳細を見る


タイトルが気になって読みました。筆者は理系の先生でガチガチの理系の内容かなっと思って読んだらまったく違った本でした。環境問題に関係のある本の多くは、タイトルと中身が違っているケースが多いのですが、この本は経済性や環境リスクといったことも書かれており、「みんなで環境を良くしていきましょう」といった精神論で終わってないところで読む価値があります。

とくに環境リスクの話は、興味深く読みました。白黒はっきりと決めたい人が多いけれども、実際は白黒つけるのは難しいと本書では指摘しています。むしろ「どの程度グレーなのか」定量的に評価、程度の問題として環境問題を考えています。(ちゃんと数字を出して説明してくれています。)

理由として、環境リスクゼロを目指すと、そのためのエネルギー投入のコストが膨大になるからです。あと誤った情報を流すマスコミについての箇所があるんですが、短期的な結果が求められるとしても、もっと勉強して正確な情報を流すべきと批判しています。


-----------------------------------------------------------------
値段が安いもので、他にも環境リスクについて書かれた本があります。

環境問題の杞憂 (新潮新書)環境問題の杞憂 (新潮新書)
(2006/11/16)
藤倉 良

商品詳細を見る



│posted at 17:14:33│ コメント 0件トラックバック 1件
2008.11.03(月)

田上山

081102_110924.jpg

滋賀県にある田上山に、担当しているゼミのTAの関係で行ってきました。田上山は都を作るために木が刈られたため、明治期まで、はげ山になっていました。洪水対策などのため国策事業で植林事業が開始され、木が育ち始めましたが、まだ木が育っていないところが見ることができます。

081102_120651.jpg

明治期にオランダのお雇い外国人、デ・レーケが指導してつくられた砂防ダムです。こんなところによく作ったなというのが初めて見た感想です。このダムに関して、大きいダムではなく、むしろ小さいダムをいくつもつくった方が、現地の環境のためにもよかったのではないのかといった議論があるそうです。

081102_140949.jpg

この日は久しぶりに体をよく動かしました。ハイキングということで、2時くらいに終わるのかと思いきや、ひたすら山を歩きました。先がわからず歩くのは怖いです。山の上にある不動寺の門前にあった像です。顔がおだやかです。

081102_143201.jpg

寺の境内は、そとのはげ山とは打って変わって、樹齢なん百年といった木が生えています。昔の人も恐れ多くて切ることができなかったのでしょうか。写真の杉の木は樹齢約600年だそうです。
│posted at 18:22:38│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.01(土)

官製ワーキングプア

官製ワーキングプアを生んだ公共サービス「改革」

(アマゾンに表紙の画像がありませんでした。)

出版社が自治体研究社というところから出されている本です。出版社の名前からも多少想像できるように、公務員を擁護するバイアスがかかった本です。それを念頭にいれながら読みました。

ワーキングプアの認知度はあがったけれども、「官製」が前につくのはどうしてなのかというと、行政の仕事のアウトソーシングにより、公務員として働く人のなかにも、非正規の人々が増え、働いても働いても生活していくのが困難になる人が増えています。財政状況の厳しいなか各自治体は任期付職員を増やす傾向にあります。(各自治体、総務省のHPを参照してください。)

公務員の仕事は、主にサービス業であり、労働集約型の産業であるため、コスト削減といった場合、人件費の削減がなされます。外部委託で入札競争になったとき、安値で落札されると、現場の一番弱い人々の人件費が削減されると指摘しています。サービス業での生産性の向上には限界があります。


公務員・行政の仕事はどこまでやるべきなのか?

残念ながら、本書で、「公務の市場化」という核心に触れる部分の検証が少ない気がしました。もちろん理由として、住民サービスにどこまで行政が関与するべきかは、各自治体に住む人々によって異なるといった事情があるのですが…。


│posted at 17:26:34│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.01(土)

便利サイト その4 アフィリエイト






アフィリエイトならリンクシェア




│posted at 14:52:47│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.01(土)

便利サイト その3 健康

大塚製薬の通販【オオツカ・プラスワン】

サントリー健康食品オンラインショップ

キリンヤクルトネクストステージの健康食品「ウェルスタイルショップ」



まとめ買い

プレミア焼酎買うなら酒蔵(さけぐら).com


│posted at 02:28:43│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.01(土)

便利サイト その2 

ANAの旅行サイト ANA SKY WEB TOUR

JAL 日本航空

楽天トラベル株式会社

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

やど上手新規メンバー登録キャンペーン【やど上手】


│posted at 02:26:19│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.01(土)

便利サイト その1 趣味

All About スタイルストア

「毎日が発見ネット」

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

MoMAオンラインストアジャパン

YOOX.COM(ユークス)

こだわり商品研究所

モノ・マガジン オンライン


│posted at 02:06:48│ コメント 0件トラックバック 0件
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。