正樹ブログ -2008年05月-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.05.31(土)

クイズ

Aさんはある建物の棟にいます。ある建物の棟には、別の棟の部屋の白熱電球のスイッチが3つあります。各部屋に1つずつ白熱電球が灯っています。ある建物の棟と別の棟の間は一つしか道がありません。Aさんは別の棟には1回しか行くことができないとすると、それぞれの部屋の白熱電球とスイッチがわかるにはどうすればいいでしょうか?

スイッチのボタンは何回押してもかまいません。別の棟に行ったあと、3つの部屋に入ることも可能です。ある建物の棟から、別の棟の様子を見ることはできません。





答えは続きをクリックしてください。
続きを読む≫
スポンサーサイト
│posted at 18:19:39│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.31(土)

東京ディズニーランド世代

久しぶりに更新します。みなさん元気でしょうか。更新しなかった理由はいろいろとありますが、あえて2つあげるとすると、

1、家のパソコン環境が悪かった。①家のネット環境をYAHOOからeo光に回線が変更してネットのつなぎ方がわからなくなりました。(今日、落ち着いてやったら繋ぐことができました。)、②パソコンが正常に動かなくなりました。(パソコンの裏のファン部分を掃除機を使いホコリをとり、キーボード部分を空気ガスで汚れを飛ばしたら、無事復活しました。パソコンは人間以上にデリケートです。)

2、実習で行っている中学校の授業の準備が多くて、更新する時間が取れませんでした。月曜からもう一週間やってきます。感想はまた後日報告します。

ちなみに5月27日は誕生日でした。東京ディズニーランド世代です。四捨五入すると30才です。高校の同級生は勤めていたところを辞めて、次の仕事を探している人が多いです。エド・はるみじゃないけれど、人生もっと巻いていかないといけません。

頑張ろうっと!

ps
最近、「masaki527」で検索すると上位に出てくることがわかりました。


│posted at 17:36:25│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.25(日)

アフィリエイト(3)


アマゾンでもアフィリエイトをやっています。でも、自分のIDで買ってもポイントが付かないので全然駄目です。全然駄目ですが、本などを紹介するときに、本の表紙の写真を使うのに便利なので使っています。(このブログを経由して買われると、僕に数パーセントのポイントがいきます。なので、お前にポイントがいくのは癪に障るという方は、別のサイトから買ってください。)

アマゾンは注文すると2、3日ですぐに届きますが、どうやったらそんな早くに配送が可能なのかいつも疑問に思います。アマゾンの従業員に過労を強いていないか不安になります。たとえば秒単位でトラック輸送しているとしたらかなりの負担が運転手にかかっているはずです。


PS
昨日はひさしぶりに大学時代の同級生と会いました。元気そうでよかったです。天下一品の本店に初めて行きましたが、あまり本店のオーラを感じませんでした。こってりを食べると胃がもたれました…。


│posted at 21:33:09│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.24(土)

鳥居みゆきの芸風

ほとんどテレビは見ないが、たまたま深夜テレビをつけるとサンミュージックの芸人特集をやっていたのを見た。そのなかで初めて鳥居みゆきの存在を知った。彼女の芸風から知的障害・精神疾患を連想した。彼女の芸風が計算でされているとしたら、不快に感じる。

そう感じるところに、差別的な要素が含んでいるのではと悩む。じゃあ、本当に障害のある人がテレビに出て目立ったら駄目なのかという問題がまた別のところで生じてくる。実際テレビなどで本当に障害のある人が出ているのは、24時間テレビなどの特別番組からしか見たことがない。

笑い自体が、ブラックジョークのように弱者を対象にしていることは理解できる。人が何かを笑うときには上から下への力が働いている。(楽しくて笑うことは除く)『ハゲ、デブ』と同じように障害や疾患を笑いのネタとして同列に扱っていいのかどうかも気になるところ。

芸風についての話は、ネットである匿名の方が書いていましたが、結局誰かが「あれは放送するべきじゃない」と考え始めて、その数が一定数増えると放送することに支障が出るといった曖昧な基準の問題ではないのかという意見に少しだけ同意します。



│posted at 18:30:29│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.05.24(土)

文章のみがき方

文章のみがき方 (岩波新書 新赤版 1095)

文章のみがき方 (岩波新書 新赤版 1095)
(2007/10)
辰濃 和男

商品詳細を見る

 

 

 

この本は目次だけ読んでも勉強になります。著者は朝日新聞の天声人語を担当されていた方です。作家の書くコツなどが参考にのっています。気になった人は読んでみてください。目次はパソコンのブラインドタッチの練習で打ってみました。


Ⅰ基本的なことを、いくつか


1毎日、書く
2書き抜く
3繰り返し読む
4乱読を楽しむ
5歩く
6現場感覚をきたえる
7小さな発見を重ねる

Ⅱさあ、書こう

1辞書を手もとにおく
2肩の力を抜く
3書きたいことを書く
4正直に飾りげなく書く
5借りものでない言葉で書く
6異質なものを結びつける
7自慢話は書かない
8わかりやすく書く
9単純・簡素に書く
10具体性を大切にして書く
11正確に書く
12ゆとりをもつ
13抑える

Ⅲ推敲する

1書き直す
2削る
3紋切り型を避ける
4いやな言葉は使わない
5比喩の工夫をする
6外来語の乱用を避ける
7文末に気を配る
8流れを大切にする

Ⅳ文章修業のために

1落語を学ぶ
2土地の言葉を大切にする
3感受性を深める
4「概念」を壊す
5動詞を中心にすえる
6低い視線で書く
7自分と向き合う
8そっけなさを考える
9思いの深さを大切にする
10渾身の力で取り組む


│posted at 10:03:36│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.05.22(木)

ゆたかな社会 

ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)
(2006/10)
J.K. ガルブレイス

商品詳細を見る

この本は授業補助のクラスの輪読テキストとして使っていたので興味を持ちました。偶然、隣席のMさんの本棚にあったので、無断でお借りして読みました。(ごめんなさい。)名著とよばれているだけあって読み応えがあります。文章自体も読みやすく訳されています。でも「通念」といった概念がわかりにくい語も使われています。

ガルブレイズは、前近代の「少数のお金持ち」と「大多数の貧乏人」の対立の構造から「少数のお金持ち」、「中間層」、「少数の貧乏人」の三層構造へと移っていくという考え方を示し、「貧困」が無視されるようになったと指摘しています。(彼は、自由競争の市場をつくるべきだと言っている経済学者が実は競争状態に置かれておらず既得権益にしがみついていると痛烈に経済学者を批判しています。)

これは、たとえば地震で被災した人には注目し寄付が集まるのに、通常の貧しい人たちには、政治家も中間層も、なかなか目を向けていないといった感覚に似ています。「ゆたかな社会で貧しくあること」と「貧しい国で貧しくあること」とでは、どちらがましなのでしょうか?と問いを立てているけれど、

この答えは難しいです…。

「貧困が至るところにみられても、われわれが貧困でないことはあきらかである」の気になる一文があるように、結局のところ自分の置かれている立場(親に扶養されている)が貧困状態にないのでわからないのが正直なところです。

│posted at 19:14:30│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.05.21(水)

アフィリエイトについて(2)

アフィリエイトの内容を書くと、それに反応してグーグルアドセンスの内容がほとんどアフィリエイト関連のサイトになったのには少し驚いた。

グーグルアドセンスは守秘義務が多く(何円得たといった情報は一切書けない。)かつ、広告主の利益を最大限にいかす努力がなされているので、違反者には厳しい対応がなされます。自分でクリックするといった愚行が絶対できません。なので興味のない人はこのブログでは絶対クリックしないでください。 トラックバックなどのスパム対策をしているのもそのためです。連続クリックなどの違反クリックがあると予告なしに削除されます。 ちなみに登録については、体裁のととのったサイトでないと承認されません。(このブログがはたしてそうなのか疑問ですが…。)



グーグルアドセンスと同じようなアフィリエイトプログラムがマイクロアドです。こちらはサイバーエージェントの関連会社が運営しています。承認は比較的やさしいです。ただブログの内容とそぐわなかったりして相性が悪かったので今は休憩中です。興味があればこちらからはじめるのがお勧めです。


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!



│posted at 20:00:44│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.05.21(水)

井上靖とモラトリアム人間

今、受けている授業のある先生は、半分以上授業と関係のない話だ。なので内職しながら聞いている。(私語がうるさいのでいつも最前列の席をとる)

授業料払っているのに内職かよ。と思われた方すみません。必修かつ出席をとるので出なければなりません。この授業で、どういった経緯からか作家の井上靖の話になった。

井上靖は、モラトリアム人間の走りで、浪人の達人だ。中学校に入るために1年浪人し、高校に入るために1年浪人し、九州大学に入るも、3年のとき欠員から無試験ではいることができる京大哲学科に移り、卒業したのが29歳のときだ。その後、新聞社へはいる。

一般人が井上靖みたいな生活を送ることはほぼ不可能だ。モラトリアム生活をおくるにはそれなりのお金が必要だ。井上靖はいたるところからお金をもらっていたそうだ。働いてからもその生活が続いた。嫁の父である養父からお金をもらうことができるのはある種の才能に近い。

賞と呼ばれる賞のたぐいはほとんど受賞している井上靖には少しなりたい気もするが、モラトリアム生活はそろそろ今年で終わりにしたいのが本音のところ。


しろばんば (偕成社文庫)しろばんば (偕成社文庫)
(2002/04)
井上 靖

商品詳細を見る


井上靖の自伝小説

│posted at 19:38:06│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.19(月)

アフィリエイトについて

ブログを始めてから、同時並行でアフィリエイトもやっています。いつもブログについている広告バナーは何なのと思われている人も多いと思うので、今回はそれについて説明します。

はじめに経験からいうとアフィリエイトでお金を得るのは困難です。アフィリエイトとは、自分の運営するサイトに広告を貼って、そこを経由して売り上げがあると、売り上げの一部がサイト運営者にいくというものです。一ヶ月に10万稼げるといった怪しい情報商材が巷で売られていますが、詐欺まがいに近いのでやらないことをお勧めします。おいしい話は、この世の中にありません。

じゃあ、費用対効果が少ないのに、なんでやっているのと聞かれると、

答えはいくつかありますが、最大の理由は、アフィリエイトの提携先で自分の購入したいものを買っているからです。他人の意思とは関係なく自分で購入するので確実にお金を得ることができます。これは通常の値段に加えて、ポイントor現金をもらう感覚に似ています。

注意点としては支払い限度額がサイトごとに違うこと。1円、銀行手数料無しから支払ってくれるサイトもあれば、5000円に達するまで支払いがないサイトまで幅広くあります。あと自分で買ってもポイントor現金がつかないサイトもいくつかあります。

とりあえず興味のあるアフィリエイトサイトに片っ端から登録して、ほどほどに付き合うのが良いと思います。この業界は競争が激しくて大手から小さいところまで様々あり,サービスも異なり、日々変化していいるので登録するだけでも興味深いです。

アフィリエイトを始める前に自分のホームページなりブログをつくる必要があります。(ちなみにこのブログはFC2というところで作っています。FC2はカスタマイズが他のブログに比べて簡単です。)

アフィリエイトならリンクシェア

最初に登録したのがリンクシェアです。このサイトは三井物産がアメリカのリンクシェア社とライセンス契約してできた会社なので提携先がアップル、ANA、ソニー、主要家電メーカー、主要化粧品メーカーといった大手のサイトが豊富にあるのが魅力です。また支払いも銀行手数料なし1円から通帳に振り込まれるので他サイトに比べて自分で買うためのサイトとしては最適です。ただブログができて期間が浅かったりすると承認ができない場合もあるので注意してください。


他のサイトについては今後カテゴリーを作ったので気が向いたら紹介していきます。




PS
ブログは趣味で更新しているので、アフィリエイトで得たお金の一部は、寄付にまわす予定です。


│posted at 16:58:44│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.17(土)

世界知図

なるほど知図帳 世界 2008なるほど知図帳 世界 2008
(2007/12/03)
不明

商品詳細を見る

先輩のMさんが持っていたのを見せてもらい、思わず欲しくなったので買ってみました。この本の凄いところは、1680円なのにフルカラーで情報がたくさん載っているところです。国語便覧や知恵蔵などの情報がいっぱい載っている本は昔から大好きで、つい手元に置いておきたくなります。

反対に教科書の類は情報が乏しく、買って損をするというか、満足しません。教科書は検定に通るための最低限の情報しか記載されていません。いっそのこと教科書検定をなくせばいいと思います。そうすれば靖国問題など他国からの干渉も受けずにすむと思うのですが…。

生徒がこの本を持つと先生泣かせの一冊です。正直、中学校程度の地理の授業なら、この本を読んで自分で勉強した方がはるかに効率がいいです。授業のネタとして先生が持てば虎の巻にもなる優れものです。教科書だけで授業する先生に教えられるほど悲しいことはないです。
│posted at 14:35:10│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.05.16(金)

葵祭りと801ちゃん

5月15日は葵祭りでした。(パソコンの変換では蒼井まつりと出てきます…)

大学2年のとき葵祭りの白装束で行列に参加したのが懐かしいです。草履で御所~下賀茂神社~上賀茂神社までのコースをひたすら歩くため、足にくいこんで痛かったのを思い出しました。

今回は一般の人の同じように見物してきました。優雅というか不思議な感じです。

08-05-15_16-25.jpg

この写真は葵祭りが終わって、トレーラーで引っ張られている写真です。人が多くて、とてもじゃないですが斎王代の写真は撮れませんでした。

08-05-15_15-42.jpg

801ちゃんが来ていたので撮りました。

08-05-15_15-43.jpg

前からみるとこんな感じです。けっこう機嫌がよくて撮らせてもらいました。

08-05-15_15-44~00

立つとこんな感じです。商店街のキャラクターです。詳細はウィキペディアを参照してください。http://ja.wikipedia.org/wiki/801%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

天気がよかったのでついでに植物園にも寄りました。葵祭りとは一転、まったく人がいません。植物園は植物はもちろんありますが、不思議な彫刻などもあるのでたまにいくと面白いですよ。

08-05-15_17-23.jpg

たとえば、この彫刻。
















08-05-15_17-23~00

何が危険なのかわかりません。




最後にバラの写真です。バラって意外に種類が多いんですね。

08-05-15_18-08.jpg

│posted at 01:00:45│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.13(火)

御池らーめん さまた@京都府京都市上京区烏丸通寺ノ内町上ル

08-05-11_18-36.jpg

久しくラーメンをUPしていなかったので紹介します。今出川烏丸を上がっていったところにある御池らーめん さまたです。学校から近いのに今年に入って初めていきました。食わず嫌いは機会を失います。

写真はラーメン並(600円)です。食べやすいですが、白ごはんが欲しくなります。チャーシューは直前に炙ってくれるのでパサパサしてません。この店は化学調味料は使用していないのが売りらしいですが、よくわかりません。(化学調味料が入っているとかはいっていないとか騒いでいる人をたまにネットで見かけますが、そんなに味がわかるのかいつも不思議です。化学的な色の食べ物は萎えますが、それ以外はとりあえず食べて考えるスタンスです。)

店内は屋台出身の店らしく、屋台の雰囲気が出ている。接客は普通で、他メニューに坦坦麺(700円)があります。出てくるスピードは若干遅いですが、炙っている時間を考慮すれば全く問題ありません。

次は坦坦麺を試してみよう!



PS
アクセス数を単純に伸ばすには、タイトルをつけた方がいいそうですね。

│posted at 02:37:29│ コメント 1件トラックバック 0件
2008.05.11(日)

自分のブログ読み直してみると、あきらかに日本語がおかしくて文章になっていないことが多々ある。理由は二つ、自分の文章力がないことと、あまり深く考えずに更新していることが思い当たる。(毎回の更新時間は20分かかりません。)本当に読みにくくてすみません。



で今、月曜の発表をどうするか考え中…。



春学期は意図的に発表する機会が多いので本当に悩む。一つのことに悩むと他のことに手をつけられないから、さらに悩む。悩むと悩みの無限ループに陥って、あげくの果てには現実逃避するようにブログを更新してしまう。ブログが頻繁に更新されていると、悩んでると思っていただいて間違いない。

某先生曰く、料理することと学問は似ている。材料を集めないと料理ができないのと同じで、資料をあつめないと話にならない。材料を集めた次は、どんな料理をつくるか考えないといけない。中華料理にするのか、タイ料理にするのか、日本料理にするのか。その次は器を決めなければならない。

とりあえず今回、使えそうな資料だけパソコンとにらめっこして集めた。集めることだけは上手くなった気がする。(電子ジャーナルに馴れただけですが…)あとコピーする時間は早くなった。

早く月曜の発表のレジュメつくろうっと!



ところで昨日から親不知の歯が痛い…。抜こうか抜かないかの話ではなくて、抜かないといけない。既に抜いた2本の歯と違って今度の歯は、斜めから生えているため、歯科医院でやってもらえないので口腔外科のある病院に行かないといけない。痛いのほんとに苦手なんだけどな…。



ps

このブログを見てくれている皆さんは、すでに気づいている人もいると思いますが、アクセスがどこから来ているのか解析することができます。昨日は、硫化水素自殺で検索数が伸びていました。やはり影響は強いですね…。


おまけ

08-04-28_15-02.jpg

この前、アップした写真と同じ日に撮った写真。
│posted at 02:39:13│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.05.10(土)

硫化水素自殺

金田一少年の事件簿  電脳山荘殺人事件 (講談社ノベルス)金田一少年の事件簿 電脳山荘殺人事件 (講談社ノベルス)
(2004/08/06)
天樹 征丸

商品詳細を見る

硫化水素を使った自殺方法が世間を賑やかしている。この方法がニュースに出たときからずっと頭にひっかかっていたけれど、その答えがやっとわかった。

中学生のとき読んだ金田一少年の事件簿の小説版で、硫化水素をつかったトリックで人が死ぬ事件があったのを思い出した。家にある本を調べてみると、やはり硫化水素を使った方法だった。この作品は金田一作品のなかでも良くできていて悲しい話です。当時、この方法で本当に死ぬのか疑問だったが現実に起きてたくさんの人が亡くなっているのは残念でならない。

自殺方法についてネットの規制をかける対策が出てきているけれど、その効果は疑わしい。死にたい人にとったら、情報を集めることはたやすい。わけわからない出会い系サイトの未成年者への規制は少し効果があるかもしれないけれど、全部を監視するのは不可能に近いくらい情報が溢れすぎている。

ネットでプライバシーなことを監視するのはいかがなものかといった考えもあるが、そもそもネットで見られて困るプライバシーな内容を書き込むサイトはいかがなものかと思う。MIXIの友人限定日記にしても、特別秘密めいたことは書かないと思う。家族、元カレ、元カノなどに恥ずかしくて見せられないといった程度の内容しか書いていないのではないか。現にこのブログでも最低限の内容しか書いていない。(自分の氏名が特定されるコメントについても独断で改変、削除しているのでご了承してください。)


PS
このブログを見て自殺を考えている人がいたら、考え直してください。死ぬかと思ったことはたくさんありますが、死にたいと思ったことはまだありません。将来は不安ですが、人間は100%絶対に死にます。どうせ死ぬなら少しでも長く生きた方が、辛いこともあるけど良いこともあるのではと考えるようにしています。境遇がそれぞれで違って辛いことのレベルが違うことは重々承知です。綺麗ごとのように感じるかもしれませんが、自分で命を絶つことには反対です。





│posted at 02:26:53│ コメント 2件トラックバック 1件
2008.05.09(金)

いまこの国で大人になるということ 

いまこの国で大人になるということいまこの国で大人になるということ
(2006/05)
苅谷 剛彦

商品詳細を見る

図書館で目当ての本を探していると、つい別の本も借りてしまう。それも自分の研究とはまったく関係のない本を。評論、小説系が多い気がする。学術系の本に比べて2倍、3倍、いや何倍も読みやすくつくられている。

表紙はどこにでもありそうであるが、表紙をめくると驚くくらい鮮やかなピンク色をした本が今回紹介する本である。ピンク色の意図がよくわからないが本棚にあると目立つ主張の強い本である。

茂木健一郎をはじめ、最近よく登場する人がオムニバス形式で書いていて読み易い。誰もが大人と子どもの違いについて一度は考えたことがあると思うが、ずばり大人をテーマにしている。賛成できるものもあれば、頭を傾げたくなる著者もいないわけではないが、総じてうまくまとまっている本である。ちなみに各章末のあとに著者の薦める本が紹介されているのが嬉しい。

著者の一人、冒頭で『人生に準備の時代などあるはずもなく、いつも「いま」を本番として生きるほかない。』と述べている浜田寿美男「力は、使わないかぎり、けっして根を下ろさない。」の一文が頭に残る。発達をとりあげて日本の英語教育について書いているが、英語教育に限らずいろいろなところに当てはまる。

ただ大人になるって何なんやろうという疑問はきっとこの本を読んでも解決しない。むしろ深まるといった方が正しいかな。



ps

N氏にすすめられた本。近日中読みます。

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
(2008/02/21)
ドアラ

商品詳細を見る


│posted at 20:44:26│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.06(火)

くいだおれ太郎

08-05-05.jpg

先週は日曜まで学校にこもっていたので、気分転換に大阪に行ってきました。大阪を観光で行くと違った視点でみることができて良い勉強になります。結局、キタとミナミを歩き回りました。

観光の定番のくいだおれ太郎を見てきました。写真をご覧の通り、ゴールデンウィークで人だらけでした。自分もその中の一人です。行列が苦手といわれる大阪でもたこ焼き屋の前で行列ができていたのは意外でした。 きっと大阪以外から来てる人が多いのでしょう。

今回は、あえて人混みの多いところへ行くことを目的にしました。テレビでも毎年、人混み中継をしていますが正直、去年のVTRを使っても分かりません。人混みで、人が多いことをわかってて文句をいう人を見かけますが、これは間違っています。人混みが嫌なら家にいるなど人が少ないところにいればいいのです。

高速道路の渋滞に巻き込まれている映像をよくみかけますが、予想して行っているとしか思えません。普段、バラバラに生活している家族にとって、狭い車の中で一緒になることは、家族団欒を楽しんでいると思うのは考えすぎでしょうか…。

ちなみに、大阪のお勧めスポットは大阪市立科学館です。規模の大きなプラネタリウムで星を見ることができます。大人600円、学生450円ですが、一度は行って見る価値はあります。せっかく並んでチケットを買ったのに暴睡している親子を見ると微笑ましくなります。シートがフランス製で寝心地がいいのとプラネタリウムの構造上、真っ暗なので眠たくなるのかもしれません。



│posted at 19:51:24│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.03(土)

憲法記念日

憲法記念日は新聞の社説の論調が微妙に違うので勉強になります。家では毎日新聞と日本経済新聞しか購読していないのでネットの新’Sで情報を集める。ついでに今回は英語版の日本の新聞主要五紙のネットを比べてみました。

朝日新聞:シンプルだけど天声人語は有料です。

産業経済新聞:英語のページが少ないです。日本のニュースを英語にしたものが見当たりません。

毎日新聞:毎日一問、数独ができます。

読売新聞:ポッドキャストで英語の勉強ができます。

日本経済新聞:ポッドキャストや経済情報が充実しています。


どれも微妙に違うけれど、ドングリの背比べな感じがしないでもない。一言でいうなら内容が薄い。個人的にはテレビ局と協力して、もっと動画やポッドキャストを増やしてもいい気がする。広告の点ならTIMEのように動画を見る前にCMを強制的に見せるようにするなど、工夫すれば何とかなると思うのは素人考えでしょうか。いろいろと比べると日本経済新聞が情報量の点で他を引き離している感じがする。他紙は芸能情報や写真が多くて楽しいけれど、それだけで終わっている気がしないでもない。

やはり海外のサイトと比べると見劣りがします。日本は紙媒体が主流なのが影響しているのかもしれませんがもっと頑張って発信してほしいです。ただ自分のブログもそうですが、どれだけ人に継続的に見てもらうかを考えるのは難しいので偉そうなことはあまり言えません…。



│posted at 14:42:57│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.05.02(金)

かなまら祭り



5月は生まれ月ということもあって12の月のなかで一番好きです。ゴールデンウィークですが、学校の施設が休みなので、さほど嬉しくありません。

最近、英語の勉強を兼ねていろいろとネットを巡っています。

今回はロイターの日本版の紹介です。(http://jp.reuters.com/) 

上のように動画も見ることができます。ちなみに、この動画はかなまら祭りです。パッと見、下ネタを扱ったものに見えますが、真面目なお祭りです。


日本の新聞社やテレビ局のサイトに比べて、海外のサイトは使い勝手がいいです。日本の新聞社のニュースはネットでも無料でみることができますが、数日したらリンク切れになって読めません。ロイターをはじめ海外のサイトはリンク切れがあまりありません。何で儲けようと考えているのか、日米の差を感じます。

海外版はこちらhttp://www.reuters.com/です。

│posted at 00:28:12│ コメント 2件トラックバック 0件
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。