正樹ブログ -2008年04月-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

│posted at --:--:--│
2008.04.29(火)

左利きの彼女

08-04-28_15-01.jpg

姪はどんどん大きくなっています。お母さんに似て左利きです。



今日は、はしかの抗体検査に行ってきました。今年から文部科学省の通達で、教育実習は抗体がないと行かせてもらえません。はしかに罹った人でも抗体検査に行かなければならないところに問題があります。ちなみに4000円ほどの費用は自腹です。今日のはしか流行の原因は少なからず国に責任があるので、せめて保険の対象か無料検査してほしいです。(最近の海外のはしかの流行の一因に日本の旅行者からの感染事例が取り上げられています。)

教員免許を取るのは本当に面倒です。更新制が導入されたので、先生になる気がないなら取らないことをお勧めします。あまりなる気がない自分が書くと説得力がありませんが…。(本当はこんな制度がおかしいです。教員免許の問題は長くなりそうなので今度書きます。)


注射の話に戻すと、笑われますが注射は大嫌いです。

おびえていたので子ども用の小さい注射で採血してもらいました。思ったより全然痛くなかったですが、病院という空間が苦手で馴れません。あの空間で看護師さんを見るとホッとします。おばちゃん位の看護師さんだと安心して身を任せられますが、若い看護師さんだと不安で仕方がありません。(失礼ですみません。)

親知らずの歯を抜いたときもそうですが、実際の痛さよりも、心理的な怖さが先にある気がします。ついでに血液型も調べてもらうつもりだったんですが、言い忘れてまだわかりません。献血してもらったら一発でわかるんですが…。

スポンサーサイト
│posted at 02:33:39│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.04.28(月)

パッヘルベルのカノン



明日なんて来なければいいのにと思う今日このごろ。皆さんお元気でしょうか。

今日の動画、パッヘルベルのカノンは昔から好きです。

ジョージ・ウィンストンのピアノ版は暗すぎるので今回はパス。

元気だそうっと!

│posted at 01:49:49│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.26(土)

ドラえもんと武田鉄也



夜な夜な動画を探して泣いています。この動画は本当にいいです。

明日は9時から面接だ!

頑張ろうっと!
│posted at 01:08:56│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.25(金)

自殺について

死の壁 (新潮新書)死の壁 (新潮新書)
(2004/04/16)
養老 孟司

商品詳細を見る

祖父が亡くなったこともあり死について考える機会が多かった。死の壁も最近読んだ一冊。養老孟司の本は今月集中して読んだ。氏の本は売れている本が多く、古本屋に山積みされているので手に入れるのが容易だ。(古本屋で買う本の比率を下げたいと思っているけれど、新しい本はお金がないのであまり手が出せません。)

養老氏の本がなぜよく売れているのかわかりました。ほとんどの本が語るように書かれてあり読みやすい。死の壁と今日のタイトルの自殺は深く関係します。

まず問題を出したいと思います。

一年間に日本で自殺する人は何人いるでしょうか?









答えは約3万人。7年連続か、8年連続か忘れましたが連続で3万人越えです。最近は新しい自殺方法が新聞やテレビを賑わしています。このブログを読んで真似をされても困るので方法は書きません。自殺については何回かこのブログでも取り上げていますが、僕は自分で死にたいと思ったことがありません。

「自殺したくない人が自殺したい人の気持ちを考えてもわからないよ。」とある人は言います。

でも3万人も毎年自殺者が出る国っておかしくないですか?どうかしているとしか思えません。(じゃあお前が何とかしろと言われても何もできないのが今の悩みです。) 自殺の原因はいろいろあります。自殺の原因の一つに心の病気があります。精神科の病院に付き添って行ったことがありますが、受付はいつも人でいっぱいです。この光景をみると日本の暗い部分がわかります。

あと電車の飛び込み自殺事故で30分電車のなかで閉じ込められたことがありますが、何ともいえない気持ちになります。どんな自殺にしろ人が死ぬと必ず片付けなければなりません。知り合いの警察官が風呂場で死んだ人の検証現場に立ち会うことになり、強烈な臭いがする話も聞いたことがあります。現場をみるとトラウマになりそうです。

最後に自殺をしたいと考えている人に、死ぬ前に養老氏の「死の壁」を読んでいただきたい。巷にあふれる宗教関係の励ます類の本ではありませんが、この本はタイトル通り死についてわかりやすく書いている本です。読むと気持ちが少しだけ楽になれますよ。


つづく
│posted at 02:02:28│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.24(木)

シンクロ BOM-BA-YE



家に帰るとテレビで90いくつかのおじいさんがプールで泳いでいた。

BGMが懐かしいウォーターボーイズのサントラの シンクロ BOM-BA-YEだった。

この曲を聴くと元気がでる。

│posted at 01:40:50│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.23(水)

英語の勉強法2

ひさしぶりの更新。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は、前にも書いた英語の勉強法の続きです。

前はBBCラジオとCNNのサイトを紹介したんですが、音と映像が中心でリーデングの勉強をするには向いていませんでした。特にBBCラジオは英語の勉強のためというより音楽を聴くだけの存在になっていました。なので、なるべく文字が書かれたサイトはないかなと探していたら、以下のサイトが見つかりました。

1、VOA News(http://www.voanews.com/english/portal.cfm)

2、 American Rhetorichttp://www.americanrhetoric.com/

1はニュースを中心としたサイトです。最新ニュースもあるので時事を知るには便利です。2は英語のスピーチを紹介したサイトです。キング牧師の演説も載っています。中学のとき読んだのが懐かしいです。英語の名場面も一緒にあるので飽きません。どちらも文字が書かれたものがあります。



明日も頑張ろうっと!

│posted at 01:28:04│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.17(木)

ラスト1メートル



大学1年のとき、国立競技場まで見に行きました。

懐かしい映像です。


│posted at 00:11:31│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.16(水)

コーヒーカラー



ご無沙汰してます。

先週から授業がはじまりました。

諸事情で隔週でゼミの発表があります。

今回の動画は、一緒にカラオケに行かれた人は知っていると思いますが、いつも歌っている曲です。そろそろ動画が削除されるので見てみてください。もし良かったらCD借りてみてください。

PS
最近、凹み気味で、相談に乗っていただける方はご連絡くださるとありがたいです。Tくん、Hくん真夜中ありがとう。 (もちろん直接の知り合いの方限定でお願いします)



│posted at 02:26:06│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.11(金)

死刑執行

4人の死刑執行 鳩山法相 四ヶ月で計10人

日本は死刑制度がある。死刑が執行されると必ずニュースになる。
学校の授業でも何回かテーマになり考える機会があった。13階段を扱い、冤罪についての授業もあった。

13階段 (講談社文庫)13階段 (講談社文庫)
(2004/08)
高野 和明

商品詳細を見る


ただ自分なりの答えが出てこない。授業でも議論にすることは難しい。反対か賛成かでは単純に割り切れないからだ。

鳩山法務大臣を非難するつもりは全然ない。法律に則ってサインしただけ。今まで死刑を執行してこなかった過去の法務大臣は職務を放棄しただけのこと。法律の前にして個人の感情は考慮されない。現在、死刑確定して待っている数は104人。この数字が多いか少ないかは、個人の主観がはいるので深く考えないが、自分には多いと感じる。

日本には終身制度がないので、冤罪であったとしても死刑が確定されると執行されるのを待つしかない。冤罪は絶対無くさなけれならないけれど、過激な死刑反対論者のように、冤罪の問題と死刑制度を一緒に考えてはいけないように思う。むしろ、死刑と無期懲役しか選択がないところに問題がある。

死刑の執行は法律に則って行われる。いろいろな人の手によって確実に実行される。本などで忠実に書かれたものを読むと、現場の人の精神的な苦痛のようなものを感じる。ただでさえ死体を見ると避けたくなるのに、何も感じなかったら人間ではない。

死刑制度には、加害者、被害者、傍観者、政治家、裁判関係者と、いろいろな人の思いが交錯する。ねじれ国会など、しょうもない権力争いは早く終わらせて政治家には、いろいろ議論してほしい。

あまりまとまらない文になりました。
│posted at 01:00:25│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.04.10(木)

アップルの社長

スティーブ・ジョブズ-偶像復活スティーブ・ジョブズ-偶像復活
(2005/11/05)
ジェフリー・S・ヤング、ウィリアム・L・サイモン 他

商品詳細を見る

夕方から学校でアップルの社長の講演会があったので行ってきた。社長といってもスティーブ・ジョブズ氏ではなく日本法人の社長。正直なところ、アップルの製品は一つも持っていないので、アップル社のことは全然知らなかった。でも世の中に既にあるものに深くかかわっていることがわかって勉強になった。

社長の言葉に頻繁に出てきたのが、

イノベーション


カタカナでよくわからないけれど、簡単にいえば、楽しくて、面白くて新しいものを生み出していくこと。

ただし、凄い勢いで変化するけれども、忘れてはならないのが、
FACE to FACEの関係。つまり直接会ったり、話をしたりする関係。便利なものがたくさん出てくるけれども、使い方を間違えると人間関係が希薄になる可能性も付け加えて言っていた。

たとえば、IPodをあげると、自分だけの世界にはいって周りのことを考えずに使えば、大音量で音漏れをして迷惑をかけることもある。(最近の電車のなかで遭遇するできごとの一つ)

ポッドキャスティングを使えば、直接授業に出ずとも、いつでもどこでも授業を聞くことができる。それはそれで大変便利なものだ。ただ直接先生に質問しなければわからないこともたくさんあるので、それだけに頼ると危険である。

講演自体は、わかりやすく話してくれたので良かったけれど、全面的に賛成できなかった。アップルの社員さんと製品を使う人の距離を感じたからだ。社員さんだからか、自社の製品について自信たっぷりに話すけれど本当にそうかなと疑問に思った。

疑問の解決のためにも使ってみる必要がありますね。

Apple Store(Japan)



写真

Nさん愛媛のお土産です。β版のPOMみかんジュースと一六タルト十六タルトです。名前の由来は明治16年創業だからだそうです。(http://www.itm-gr.co.jp/ichiroku/kaishaannai.html)毎度ありがとうございます。

08-04-09_19-40.jpg

散り始めた鴨川の桜。
08-04-05_18-23.jpg

│posted at 12:57:47│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.04.09(水)

いい言葉は、いい人生をつくる 斉藤茂太

いい言葉は、いい人生をつくる―いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた (成美文庫)いい言葉は、いい人生をつくる―いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた (成美文庫)
(2005/01)
斎藤 茂太

商品詳細を見る

寝る前に、少しだけ読んでいます。少しだけ元気が出ます。

最近好きな言葉は、

「できない」思い込みも、「できる」思い込みも強さは同じだ。

です。


先日、祖父のお葬式に行ってきました。

祖父は川内康範ではないですが、同じ年齢で亡くなりました。

「天皇家以外の人は、日本では火葬しないといけない」、「骨を残すために、ゆっくり火葬すると有害なダイオキシンが出るのでは?」などと、なるべく関係のないことを考え冷静さを維持していたけれど、祖母の落ち込んでいる顔を見ると、さすがに泣いてしまいました。

生きている間に祖母孝行しよっと。


│posted at 01:19:11│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.04.05(土)

出会ってから7ケ月。

08-03-28.jpg

0歳7ケ月になりました。

なんだか癒されます。吹き出しの部分はこの子の親が写っているので加工しました。

年賀ハガキで子どもの写真つきで送ってくる気持ちが、少しだけわかるような気がしました。


│posted at 01:35:13│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.04(金)

大人のための文章教室(講談社現代新書) 清水義範

 

大人のための文章教室 (講談社現代新書)

大人のための文章教室 (講談社現代新書)
(2004/10/19)
清水 義範

商品詳細を見る

新書はタイトルと目次を見て衝動買いします。講談社現代新書は、数ある新書のなかでも、表紙のカバーがシンプルなつくりです。外側をシンプルにして本の中身の充実をはかっているのだとか。この本を読んで少しは文章がまともになるといいですが、簡単にはいきません。ただオリジナルな例文が多いので勉強にはなると思います。

 


チャペルの桜。

08-04-04_13-58.jpg

今年度の学生手帳。事務室に平積みされていたのでもらってきました。昨年度に比べてカラフルです。

08-04-04_16-20.jpg

 


│posted at 18:06:36│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.04.03(木)

山田ズーニー


名前だけで勝手に人物像をイメージする。

この人は男性。この人は女性。と

さて山田ズーニーは男でしょうか?女でしょうか?

名前だけでイメージがわきません。(同じく田口ランディもわかりません)

最近知ったサイト。
山田ズーニーの「おとなの進路教室。」(http://www.jfn.co.jp/otona/

はお勧めです。

ネットラジオで聴くことができます。


明日も頑張ろうっと!

│posted at 01:54:26│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.04.01(火)

落書き

時間の使い方が悪いのか夜型の生活をしている。学校を出るのが23時半。研究室に泊まることは、物理的に可能だけれど、体がついてこないので家に帰ることにしている。学校も始まるせいか、ここ最近、事務室も遅くまで明かりがついている。

電車は終電に乗って帰る。1時間と少しかかる。

最近、利用する駅の周辺で、急に落書きが増えた気がする。
スプレーが悪いのではない。人間の使い方が悪いのだ。

河川敷を、自転車を走らせて帰ると、不法投棄されたゴミの山がたくさんある。
季節の変わり目は確実にゴミが増えている。

家の前の花が盗まれる世の中になった。
盗んだ花をどうしているかなんてわからない。

気のせいか、勝手な人ばかりが目立つ世の中になったと感じる。

勝手な人にならないように、戒めの意味をこめて書いてみた。



明日も頑張ろうっと。


PS
Yahooニュースと名言・格言のコーナーを作ってみました。
│posted at 02:37:46│ コメント 0件トラックバック 0件
プロフィール

まさき

Author:まさき
高校で教員しています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。